GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

山崎実業(Yamazaki) 『山崎実業 お玉&鍋ふたスタンド タワー』一度におたまと菜箸と鍋ふたが置ける優れもの。

一度におたまと菜箸と鍋ふたが置ける優れモノ

f:id:glorydaze:20200530172751j:plain

いつも料理する際に使ってる、「お玉・鍋ふた置き」が便利です。 山崎実業の製品は何だかみんな好きで、外れがないんですよね。そんな中でもこの山崎実業(Yamazaki) 『山崎実業 お玉&鍋ふたスタンド タワー』は毎回便利だなーと思いながら使ってるモノです。以前は毎回まな板に置いていたりしてて、まな板も汚れるし、不便だったんですけども。料理の途中でふたを置いたり、菜箸をまた使ったりという時に、本当に役立ちます。 

山崎実業(Yamazaki) 『山崎実業 お玉&鍋ふたスタンド タワー』

<外観・機能など>

f:id:glorydaze:20200530172825j:plain

▲ 上から見た図。本体と底受けの板で構成されてます。 

f:id:glorydaze:20200530172834j:plain

▲ 正面から見た図。手前の部分に鍋ふたが引っかかって、安定して置くことができます。お玉も外れずに置くことができます。

f:id:glorydaze:20200530172845j:plain

▲ 横から見た図。この傾斜が丁度良いです。

f:id:glorydaze:20200530172904j:plain

▲ 底には滑り止め付きなのが嬉しい。

f:id:glorydaze:20200530172741j:plain

▲ お玉を置いたり

f:id:glorydaze:20200530172932j:plain

▲ 鍋ふたを置いたり、どちらも置いたりできます。

f:id:glorydaze:20200530172923j:plain

▲ 背面に区切りがあるので、お玉と菜箸が丁度よく分けて置けます。これが中々に便利なんですよ。

<仕様など>

・サイズ:約W10×D10×H15cm
・本体重量:約390g
・カラー:白、黒
・素材:本体/スチール(ユニクロメッキ+紛体塗装)、トレイ:ポリプロピレン
・生産国:中国

特徴・オススメな点

1.料理中は手放せない、なんでも置ける優れもの

f:id:glorydaze:20200530172952j:plain

お玉、菜箸、普通のお箸、フタ、なんでも置くことが出来ます。うまい具合に作ってあるようで、意外と大きいフタも置けるし安定感もあるんですよ。ニクイなぁと思うのが、フタと箸が別に置けるように区切られている部分。本当小さい工夫なんですけど、これがめっちゃ活躍するんですよ。

f:id:glorydaze:20200530172913j:plain

▲ ここの区切りが本当便利です。

2.底受けが取り外して洗える

f:id:glorydaze:20200530172854j:plain

底の部分は簡単に取り外して、洗うことができます。また、本体も底受け部分も汚れが付きにくく洗ったら落ちやすい材質なのでありがたいです。

しばらく使用してみて感じた事

数年にわたって使っていますが、料理の際は絶対便利で愛用しています。イマイチな点も見当たらなくて、本当に買って良かったです。特に一人暮らしでキッチンが狭い場合なんかは本当に役立つと思います。

以上、良かったら参考にしてみてください。

■ 商品リンク

 

■ 関連記事もどうぞ

glorydaze.hatenablog.com

glorydaze.hatenablog.com

■ メーカーHP

www.yamajitsu.co.jp

ARCOROC(アルコロック)『イスランド ショット 60ml』ショットを飲んでも、ウイスキーをちびりと飲むのにも良いグラス。

ショットを飲んでも、ウイスキーをちびりと飲むのにも良いグラス

f:id:glorydaze:20200530163525j:plain

ショックなことに、酔ってショットグラスを割ってしまいました。それで新たに購入したのが、ARCOROC(アルコロック)の『イスランド ショット 60ml』というモノです。シンプルな形状で、1つ数百円とリーズナブルなモノオススメです。ショットグラスはショットを飲む時だけじゃなくて、ウイスキーやリキュールをちびちび飲むのにも適してまして、意外と多用できるんですよね。

ARCOROC(アルコロック)『イスランド ショット 60ml』

<外観・機能など>

f:id:glorydaze:20200530163313j:plain

▲ 真っ直ぐな筒状のグラス。シンプルこの上なくて好き。

f:id:glorydaze:20200530163322j:plain

▲ もっと小さいかと思っていたけれど、意外と大きさがありました。丁度良いサイズですね。

f:id:glorydaze:20200530163301j:plain

▲ グラスに厚みもあるので、ショットガンをやっても大丈夫な強度はありそうです。

<仕様など>

・直径:3.8cm×高さ10.5cm
・容量:60ml
・材質:ソーダガラス 

特徴・オススメな点

1.気軽な価格の割に見た目が良いショットグラス

1つ200円程度なのに、見た目が良いなあと思いました。もちろん高級感は無いですけど、安っぽさもなくて、シンプルで良いショットグラスだなと思います。低価格の方が、酔って割った時にも悲しみが少ないので良いです。真っ直ぐな形状なので、ちょっとしたお菓子(ゼリーやムース)などを入れるのも良い感じだと思いますね。

2.ウイスキーをストレートで飲む際にも

f:id:glorydaze:20200530163440j:plain

容量が60mlなので、ウイスキーをストレートで飲む際にも丁度良いです。大体ウイスキーはシングル1杯で30ml〜45mlなので、半分か3/4程入れればそれで完了。小さいショットグラスでちびちびと飲むのも中々良いものです。

3.底に重みがあって安定感がある

f:id:glorydaze:20200530163505j:plain

底部分のガラスが厚く、重心が下にあるので安定感があります。見た目的にもお酒を注いだ時に底の厚みがアクセントになってます。ショットガンで飲む際にも底が厚くないと割れそうで怖いですしね。

注意・イマイチな点

1.単品で購入するとチョイ割高

コレはどのグラスにも言えることなのですが、基本は6個、12個で売ってる場合が多く、単品で購入すると割高です。ただしそこまでの量は不要なので、僕は2個ほど単品購入しました。とはいえ、低価格だったので送料を含めても1000円以下で購入できましたよ。

2.口が小さく、皿洗い用のスポンジだと洗いにくい

直径が4cm以下なので、口が小さく洗いにくさはあります。そういう時はコップ専用のブラシを使えば良いのですかね。ものぐさなので、気にせずスポンジで洗ってますけれど。 

しばらく使用してみて感じた事

f:id:glorydaze:20200530154925j:plain

ショットグラスを持っていても、基本的にショットを飲むことは少なくて、むしろウイスキーやリキュールをストレートで飲むのに使用しています。ロックグラスは氷を入れて飲む前提なので、やっぱりちょっと大きかったりします。なのでストレートで飲む際はこういったショットグラスが1つ2つあると便利なんですよね。これからは梅酒のシーズンなので、自分で作ってこのショットグラスで飲むなんてのも楽しいんじゃないかと思ってます。

以上、良かったら参考にしてみてください。

■ 商品リンク

■ 関連記事もどうぞ

glorydaze.hatenablog.com

glorydaze.hatenablog.com

glorydaze.hatenablog.com

■ メーカーHP

www.arc-intl.jp

Aesop(イソップ)『レスレクション ハンドバーム 75ml』冬の乾燥やアルコール消毒の後の保湿に。

冬の乾燥やアルコール消毒の後の保湿に

f:id:glorydaze:20200530133429j:plain

最近コロナウィルスの影響もあって、いたる場所でアルコール消毒があります。乾燥肌の僕は気をつけないとどんどん手が荒れてきてしまうため、ハンドクリームを携帯しています。僕が以前いただいてから愛用しているのが、Aesop(イソップ)『レスレクション ハンドバーム 75ml』です。

Aesop(イソップ)『レスレクション ハンドバーム 75ml』

<外観・機能など>

f:id:glorydaze:20200530134223j:plain

▲ 袋とセットですけど、この袋ってあまり使う機会がないんですよね。

f:id:glorydaze:20200530134229j:plain

▲ 結構大きめサイズです。

f:id:glorydaze:20200530133239j:plain

▲ 洒落た色とデザインだよなぁ。

f:id:glorydaze:20200530133342j:plain

▲ 色味は薄いクリーム色で小指の先ほど出せば両手に延ばせるほどです。毎日使ってもあまり減らないのでコスパは良いかと思います。

<仕様など>

f:id:glorydaze:20200530133355j:plain

・内容量:75ml
・使用後の肌感触:うるおいに満ちた、しなやか、べたつかない 
・アロマ:シトラス、ウッディ、ハーバル
・主要成分:マンダリンの皮 ・ ローズマリーの葉 ・ シダーウッドアトラス

特徴・オススメな点

1.ベットリせず、だけどもシットリ感がすごい

f:id:glorydaze:20200530133333j:plain

ハンドクリームを塗って、直ぐにPCを使ったりするので、べっとりしない使用感がとても好きです。なのにしっとり感がずっとキープされるので、あまり塗りなおす必要もなく、そんなに減らないのも良い所ですね。

2.控えめなニオイが好き

控えめなニオイが気に入ってます。職場でも使うので、あまり強いニオイだと困るってのもありまして。その点、良いニオイだけど控えめってところがTPOを気にせず何処でも使えて便利です。

3.ゴム手による手荒れが抑えられる

仕事柄、ゴム手を使うことが多いです。その際に手が荒れたり、かぶれたり、痒くなったりすることがあります。そんな時もハンドバームを塗っておくと症状が軽くなります。クリームを塗ることで、手の表面にバリアを作ってゴム手の影響が弱まってるのかと思ってます。

注意・イマイチな点

1.使っていると表面が破れてくることがある

容器表面がアルミのため、最後の方まで使い続けていると割れてくる場合があります。こういうのってカバン・バッグに入れていたりするので、中でモノとぶつかったりして、ダメージがたまってくるんでしょうかね。

今のところ経験はないですが、カバンの中でクリームが漏れたりすると困っちゃいますね。僕はだいぶ使い混んできたら家使い専用にして、新たなモノを外用にして使ってます。

2.持ち運びにはちょっとだけでかいサイズ

f:id:glorydaze:20200530133322j:plain

 もう一回り小さいサイズだと良いなって思う時もあります。そこまで邪魔にならないんですけども、リップクリームのような小ささでは無いって印象です。

しばらく使っていて感じる事

f:id:glorydaze:20200530133300j:plain

僕はアトピー体質で乾燥肌なので、痒みや湿疹ができないか心配でしたが、全く問題なく使えています。手の保湿になっているので、冬も肌荒れが少ない印象です。ただ体質的に合わない人もいると思うので、肌の弱い人は使用時の注意は必要だとは思いますけどね。

保湿はもちろんですが、匂いが非常に好きです。薄くて優しい香りで主張しすぎないので、昼休みなどのタイミングで付けると一区切りのリフレッシュとリラックスができます。女子受けも良いグッズなんで、以前イソップの話で女性と盛り上がったりもして、お得だなって時もありました。女性はイソップ製品好きな方が多い印象なんで、誕生日プレゼントとしても良いと思いますよ。

以上、良かったら参考にしてみてください。

■ 商品リンク

 

■ メーカーHP

www.aesop.com

無印良品『発酵ぬかどこ 』お酒のつまみにもなる変わり種ぬか漬け4種。

 お酒のつまみにもなるぬか漬けが好きだ

f:id:glorydaze:20200524140717j:plain

ここの所、毎日のようにぬか漬けを作っては食べています。おかずとしてはもちろん、酒のつまみとしても良く食べてます。通常はきゅうりやカブを漬けてるんですが、たまには変わり種のぬか漬けも作ってます。色々と作った中で、どちらかというとお酒のつまみ寄りのモノを紹介してみます。

お酒のつまみにもなる変わり種ぬか漬け

1.長いも

f:id:glorydaze:20200524140855j:plain

長いもは皮を剥いて漬けるだけです。1日ほどぬかどこ で漬ければすぐに完成します。シャクシャクとした歯応えがあり、さっぱりしていて美味いです。そのままでも美味しいですが、僕は醤油とワサビで食べるのが好きですね。

2.ミョウガ

f:id:glorydaze:20200524140846j:plain

ミョウガは洗ってそのまま漬けるだけです。着けて1日で食べられますが、僕は2日ほど漬けた方が好きです。ぬかの酸味が加わって、梅酢漬けのような味わいです。ミョウガ特有の渋みがあって大人っぽい味わいが好き。 

3.ごぼう

f:id:glorydaze:20200524140837j:plain

ゴボウは泥を落として、表面の皮を軽く落とします。濡れたままビニール袋に入れてレンジで600Wで2分ほど加熱し、荒熱を取ったらぬかどこへ入れます。身がしっかりしてるので2日ほど漬けた方が美味しいと思います。(細いものは1日でもしっかり浸かる印象ですけど)。ゴボウの土っぽい風味とコリコリした歯応えは残しつつも、酸味があって漬物感が強いです。健康に良さそうな味ですね。

4.辛味大根

f:id:glorydaze:20200524140815j:plain

辛味大根は最近の中で一番良かったヤツですね。スーパーでもあまり見かけないんですが、何故か値引き品のカゴに入ってる場合があって。人気ないんですかね、僕はそれを買ってきて、通常の大根のように洗ってぬかどこに入れています。

辛味大根は2、3日漬けると美味しいと感じますね。1日だと早すぎて(気温でも左右されると思うけれど)、あまりぬか漬けの感じがしないです。味は生で食べるよりも辛味が若干薄らいでますけど、でもしっかりと辛さが残ってます。コレに醤油をちょろっとかけると、それでお酒に合うつまみになるんですよね。ハイボールやホッピーがあったら最高です。

以上、良かったら参考にしてみてください。

■ 商品リンク

■ 関連記事もどうぞ 

glorydaze.hatenablog.com

glorydaze.hatenablog.com

孝行息子と放蕩息子。

f:id:glorydaze:20200510003147j:plain

[http://photo credit: Furfante Father and son via photopin (license)]

 

去年末に両親が電車を乗り継いではるばる3時間以上かけ、15年ぶりに僕の住む街に来た。

それは何度かの週末を直撃した台風の影響で延期になっていて、ちょっと急なことだった。

僕の家に来るってのは本当に無いことで、最後は(というか最初は)僕が就職して引越ししたときの手伝いとして最初のアパートに来たきりだった。

その際は家具も何もなくて、これから住む前提の家に来ただけだった。

なので実際に生活している家にくるのは、これが初めてだった。

ただ我が家は両親を泊めるほどに広くはないので、駅前のビジネスホテルに泊まってもらうことになっていた。

 

父親はずいぶん前に、僕の住む町が取り上げられたテレビ番組(おそらくアド街)を見ていたらしく、そこで紹介された焼肉屋に行きたがっていた。

父親の誕生日が少し前にあったので、そのお祝いも兼ねて飯を食べた。

結局その店は異常に混んでいて断念したのだけれど。

ずっと関係の良くなかった父親とは、数年前から会えばよく話すようになっていた。

メールなどの連絡では、お互いにぎこちない敬語交じりの会話を交わすのだけれども。

 

以前、両親へプレゼントを渡す際、遠慮して受け取ってもらえないことが多かった。

特に母親は遠慮しがちで、そんな時は両親2人向けにプレゼントを用意して、それプラスで本人分も渡す。

そうすると遠慮なく受け取ってもらえるというのも分かってきた。

あまり高額じゃなくて、しかも簡単に使えるものなんかだと尚更喜ばれる。

今回は両親への同じモノと、父親へはウィスキーを。

「Old GrandDad」ってバーボン・ウイスキーで、「偉大なる爺さん」って意味の銘柄。

3000円以下で安めに買えるくせに、コクがあってハイボールにしても力強さがある、コスパの良いウィスキーで個人的には気に入っている。

そんな感じでプレゼントも喜んでもらえて、晩飯も皆で一緒に食べた。

僕は40歳にして、ようやく親孝行ができるようになったのかな、なんて思ったりもした。

 

翌朝も集まってそれなりにご飯を食べたり、散歩をしたり、話しをたりした。 

僕は両親がこの週末を満足してもらったのかなと思っていた。

帰る間際に父親は

「わざわざコッチに来たんだから、彼女くらい連れてきて、結婚するとか報告が欲しかったよ」

「俺らもいつ死ぬか分かんないんだからさ」

と。

少し笑いながらも、少し残念そうな顔で言われた。

そうだよな、もう40歳なんだから、両親は70歳近い。

気の利いたプレゼントを渡すよりも、嫁とか孫とかってのを望んでるんだろうな。

 

これまで適当で、自由に、一人気ままに過ごしてきた。

そして気づけばもうこの年だ。

今となれば親孝行をするってのはプレゼントとかじゃなくて、きっとそういうことなんだろうな。

金とかモノとかの豊かさじゃなくて、心の安心感や幸せや充実感を求めているんだろうな。

 

だけどそれを見せるには、僕個人の力だけじゃどうにもならない部分も多い。

という、言い訳もできる。

でも本当はそれに向き合わず、逃げている自分がいた。

実際の事を言おうかと思った。

会わせたかったけど秋冬に別れたんだよ、彼女と結婚に対する考えや今後の事についての意見が合わなくて。

いや本当は違う。

僕は逃げただけだ。

責任や、自由や、可能性や、面倒や、色々と秤にかけて。 

 

そんな息子が両親を駅まで見送る。

彼らは二人で歩いて改札口を進み、姿が消えていく。

仲の良い両親は、二人並んで歩きながら振り返って手を振った。

まだ独りモンの随分大きくなった息子がそれを見送る。

相変わらず仲が良いな、と見送りながら思う。

そして僕は、独り住む家へと帰る。

Gosear(ゴシレ)『ドルチェグスト用カップホルダ』すべてのコーヒーをドルチェグストで飲めるようになるカップホルダー。

ドルチェグスト純正カプセル以外を試したい人向けのアイテム

f:id:glorydaze:20200523150533j:plain

僕は毎日コーヒーを飲む習慣がありまして、平日朝の時間が無い時は基本的にネスカフェドルチェグスト』というコーヒーメーカーを使っています。コレはコーヒーの粉の入ったカプセル(別売)をセットして、ボタン一つでコーヒーが抽出されるという非常に便利なものです。カプセルはコーヒー以外にも様々あり(例えば抹茶ラテ、ココアなど)、使い終わったらカプセルを捨てるだけ、と非常に簡単に扱うことができます。

非常に簡単で便利ではあるものの、欠点としてはカプセルの値段がまあまあ高いってことです。

アマゾンやドンキなどで購入しても、前は1箱16個入りで800円程度だったのに、最近は1000円程度まで値上がりしていて悲しいですね。前は1杯50円程で美味いコーヒーが飲めたのに、今では62円程に値上がりです。。。それでも缶コーヒーに比べたら半額だし、非常に美味しいので愛用していますけども。

ドルチェグストも好きだけどもう少し価格を落としたい。もしくは家にあるコーヒーでもドルチェグストを使ってみたいって人にはこのGosear(ゴシレ)『ドルチェグストカップホルダ』をオススメします。

Gosear(ゴシレ)『ドルチェグストカップホルダ』

<外観・機能など>

f:id:glorydaze:20200523150509j:plain

▲ サイズは「ドルチェグスト」のカプセルと全く同じで、粉を入れるための上蓋がついています。

f:id:glorydaze:20200523150521j:plain

▲ コーヒーの粉を入れるためのスプーンもセットでした。

f:id:glorydaze:20200523150544j:plain

▲ 上から見ると蓋と抽出用の穴が見えます。

f:id:glorydaze:20200523150557j:plain

▲ 下から見ると、抽出口が見えます。

f:id:glorydaze:20200523150609j:plain

▲ 中にはフィルターが入っており、粉が直接落ちない仕組みになってます。

f:id:glorydaze:20200523150744j:plain

▲ 蓋にはゴムのパッキン(黒く見える部分)で外周を覆われており、しっかりと密閉されて漏れることはないです。

f:id:glorydaze:20200523150633j:plain

▲ 「ドルチェグスト」のレバーを下ろすとカプセルを固定する爪(黒い両脇のもの)と、抽出用の蒸気を出すためのノズル(中央の針の様なもの)が現れます。

f:id:glorydaze:20200523150645j:plain

▲ このノズルに当たるように『カップホルダ』の穴を合わせます。やり方は簡単です。

f:id:glorydaze:20200523150904j:plain

▲ カップをはめるステージに位置決め用の穴が開いています。

f:id:glorydaze:20200523150914j:plain

▲ 『カップホルダ』にもポッチがありますので、それらを合わせてあげれば丁度いいポジションに納まります。

<仕様など>

・材質:プラスチック+ステンレス
・サイズ:54 x 40 mm / 2.13 x 1.57インチ
・容量:12gのコーヒーパウダーを含むことができます

特徴・オススメな点

1.ネスレ以外のコーヒーが飲める

出来れば細かく挽いた粉がオススメです。粗い粉だと抽出されたコーヒーが大分薄めになる気がします。僕がよく使うのは「ラヴァッツア」というイタリアメーカーのコーヒーです。かなり細かく挽かれているので、ドルチェグストに向いていると感じますし、デカフェ(カフェインレス)タイプもあるので、カフェインを摂りたくない人、夜に飲みたい場合にも都合が良いと思います。

 

2.通常よりも早く抽出できる

通常はお湯を沸かしてペーパーフィルターを付けて、粉の上からゆっくりとお湯を注ぐって感じだと思います。それがのんびりした週末ならいいんですが、平日朝はちょっと時間がない。そんな時にもカップに入れてすぐ十数秒で完了するのは魅力です。朝飲みたい場合は、夜に一つ準備しておくとすぐ飲めて楽です。

f:id:glorydaze:20200523151053j:plain

▲ 夜に一個作っておけば、朝すぐのめて良いです。飲まなくても翌日に飲めばいいし。 

注意・イマイチな点

1.掃除が若干面倒

カプセルタイプの最大の魅力は、使ってそのまま捨てられるってことだと思うんで、ある意味再利用可能なこの『ドルチェグストカップホルダ』はその利点を損失したモノではあります。ただ実際に掃除をしてみると、そこまで大変な作業ではないです。フタを開けて、使用後の粉を捨て、カップについている粉の残りをお湯で流す程度で綺麗になります。

f:id:glorydaze:20200523151111j:plain

▲ 使用後の『カップホルダ』の中身

f:id:glorydaze:20200523153841j:plain

▲ 生ゴミにどさっと捨てます。

f:id:glorydaze:20200523153851j:plain

▲ 水で流してあげるだけで綺麗になります(僕は洗剤で洗ってませんが気になる人は洗剤で)。

f:id:glorydaze:20200523153902j:plain

▲ あとは放置しておけばまた使えます。

通常のカプセルとの比較

f:id:glorydaze:20200523150621j:plain

実際に「ドルチェグスト」のカプセルと『カップホルダ』を使った場合で違いがるのか比較してみました。

1.ドルチェグストのカプセル

f:id:glorydaze:20200523150655j:plain

▲ 見慣れた感じで抽出されています。

f:id:glorydaze:20200523150705j:plain

▲ 上から見るとクレマの泡が出来ています。

f:id:glorydaze:20200523150711j:plain

▲ 横からだとこんな感じ。

2.『カップホルダ』+市販のコーヒー

f:id:glorydaze:20200523150725j:plain

▲ 使用するのはLAVAZZA(ラヴァッツア)の「QUALITA ORO」です。

f:id:glorydaze:20200523150736j:plain

▲ 細かいパウダー状なので適してると思います。

 

f:id:glorydaze:20200523150753j:plain

▲ 結構入れにくくていつもこぼします。流しの上でやった方がいいです。

f:id:glorydaze:20200523150803j:plain

▲ メーカー仕様は12g。

f:id:glorydaze:20200523150823j:plain

▲ スプーンで詰めて入れましたが結構パンパン。 

f:id:glorydaze:20200523150935j:plain

▲ ドルチェグストにセットしました。

f:id:glorydaze:20200523150946j:plain

▲ 抽出される感じは通常のカプセルと同じ感じ、ちょっと濃いかな。

f:id:glorydaze:20200523150956j:plain

▲ 上から見るとクレマの泡が見えます、ちょっと薄めですが。

f:id:glorydaze:20200523151007j:plain

▲ 横から見るとそこまで差異はないように見えますね。

味はどちらも美味しいです。抽出量を変えて好みの味で楽しんでください。  

実際にとの程度割安になるか計算してみた

一例として、僕がよく飲む「ドルチェグスト」16個入りと「ラヴァッツア」で考えてみます。ラヴァッツアは通常版で900円程、デカフェで1000円程の価格(2020年現在Amazon)であり、大体ですけど「ドルチェグスト」カプセル16個入りと同等の値段だといえます。そこでどちらも1000円という事で計算してみます。

まず『ドルチェグストカップホルダ』は12gの粉が入ります。

また「ラヴァッツア」は250gの粉であるので、

250g/12g=20.8、およそ21杯

理想的には20杯以上使えるということになります。

1杯の価格で比較すると

・ラヴァッツア(21杯):48円/杯、1440円/30杯

ドルチェグスト(16杯):63円/杯、1890円/30杯

あまり差が見られないですが、1日1杯飲んだとして、1か月で考えると500円程の差が出るってのが分かります。

またこのGosear(ゴシレ)『ドルチェグストカップホルダ』は価格が1200円程なので、3か月で元が取れるってことも付け加えておきます。

節約したい人は元々ドルチェグストを使わないだろうし、そういう意味ではあまり意味のない金額の比較ですが、参考までに載せておきます。

結論:意外と違いは少ない

以上、良かったら参考にしてみてください。

■ 商品リンク

■ 関連記事もどうぞ

glorydaze.hatenablog.com

ドイツ発祥の養命酒『イエーガーマイスター』家でイエーガーを飲む、ほろ酔いの日々。。。

家でイエーガーを飲む、ほろ酔いの日々。。。

f:id:glorydaze:20200518223121j:plain

最近もっぱら家飲みばかりしています。ビール、ハイボール、お茶割りなどが多いんですが、結構飲み飽きてしまって。それで結構他のお酒も手を出してるんですが、前からちょっと飲んでいたドイツのリキュールである『イエーガーマイスター』をココのところ結構飲んでます。ロックで飲んだり、炭酸水等で割ったりしてます。炭酸割りにすると特にさっぱりしてて飲みやすくてお気に入りです。

イエーガーマイスターとは

f:id:glorydaze:20200518223044j:plain

イエーガーマイスター』とはドイツ発祥のリキュールで、緑色の瓶と巨大なツノを持つ鹿のマークが目印です。様々なハーブや草根木皮等を組み合わせて作られています。緑色の瓶に入った黒い色のお酒の様ですが、実際は赤茶色です。緑色の瓶と赤色のお酒が補色となって黒く見えてるんですね。スパイシーな風味で少し甘く、薄っすら苦みを含む複雑な味がします。

イエーガーマイスター(Jägermeister)とは、ドイツ産のリキュール銘柄である。アニスや甘草など、実に56種類ものハーブが使われている。アルコール度数は35度、エキス分は15.7%、濃い赤色をしている。

イエーガーマイスターは、ハーブ類、果物類、草根木皮など、56種類の材料を使用して製造されていると言われている。この56種の中には、アニス、カモミール、キャロブ、ゲンチアナ、サフラン、シナモン、フェンネル、マテ、ミント、没薬、ラベンダーなどが含まれているものとの推察[1]もある。製造工程の中には、これらの材料を蒸留酒に一定期間浸漬し、そうしてできた混成酒を蒸留した後、オーク製の樽で9ヶ月以上熟成するという工程が存在するとされる。ただし、製法は完全には公開されていないため、詳細は不明である。

イエーガーマイスター - Wikipedia

ゲンチアナを使ってるってことは、以前記事で書いた「スーズ」というお酒とも関連があるってことですかね。日本だと馴染みのない「ゲンチアナ」ですが、ハーブ系、薬草系としてヨーロッパではよく使われるんでしょうか。

glorydaze.hatenablog.com

オススメの飲み方

f:id:glorydaze:20200518223054j:plain

オススメの飲み方を載せておきます。家でも簡単に作れるので気になったらやってみてください。

1.炭酸水+レモン

f:id:glorydaze:20200518223344j:plain

簡単に出来て、甘さ控えめさっぱり風味でどんどん飲めちゃいます。炭酸水とレモンで『イエーガー』の癖と甘さが抑えられて、薄味の(コーラ+ドクターペッパー)÷2みたいな味に感じます。そこまで癖が無いので色んな食べ物とも相性良く、永遠に飲み続けていられますね。

f:id:glorydaze:20200518223320j:plain

▲ レモンはスライスが無ければレモン果汁で問題ないです。むしろこっちの方がレモンが強烈で美味いと思います。

2.トニックウォーター割り

f:id:glorydaze:20200518224408j:plain

トニックウォーターの苦みがイエーガーの癖にマッチして美味いです。エナジードリンクっぽい風味になって、つい飲み過ぎちゃうので注意です。

f:id:glorydaze:20200518224401j:plain

▲ 『イエーガーマイスター』とトニックウォーターだけ。氷を入れて、トニック多めが好きです。

3.(キンキンに冷やして)ストレート

f:id:glorydaze:20200518223155j:plain

本来この飲み方が有名らしいですね。確かに冷凍庫で冷やすとトロトロになって、一気にガッツリ飲むのは爽快感ありますね。パリピになった気分も味わえますしね。でも『イエーガー』って瓶がデカくて、僕の様な一人暮らし用の冷蔵庫(冷凍庫)には場所取って邪魔なんですけどもね。なのでこの飲み方で飲んだのは数回だけですね。

f:id:glorydaze:20200530154916j:plain

▲ トロトロを注ぐ。

f:id:glorydaze:20200530154952j:plain

▲ ショットは喉越しの良さと後から来るアルコールがたまらない。

「ドイツの養命酒」と呼ばれてますが、さすがに飲み過ぎたら相当来ます。特にショットでガンガン飲むのは控えて、容量を守ってお楽しみください。

以上、良かったら参考にしてみてください。

■ 商品リンク

▲ 6本単位で購入すると1本に比べかなり割安ですね。置き場所に困りますが。。。

■ 関連記事もどうぞ

glorydaze.hatenablog.com

glorydaze.hatenablog.com

■ メーカーHP

www.jagermeister.com