GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

DAYTONA(デイトナ)『ゴートスキングローブ プロテクションタイプ』柔らかい山羊革で動かしやすいバイク用グローブ

バイク用に初のプロテクター付きグローブ

f:id:glorydaze:20190420091628j:plain

バイク用にちゃんとプロテクターのあるグローブを手に入れました。

もともと原付に乗っているときは、ユニクロの「防風ヒートテック手袋」を愛用していました。
(これはこれで超良いと思う、特に冬に最強)

ただバイクはコケたらダメージがデカイし、擦り傷じゃ済まなそうなので色々探していました。

そんなとき、友人がサイズ的に合わなかったというので譲ってもらいました。

スゲー有り難かったです。

はじめ慣れるまではプロテクションの硬さに違和感がありましたが、今は全くなし。

コケてアスファルトで身体がズリズリになった人の話を聞いてたので、これでちょっと安心です。

 

DAYTONA(デイトナ)『ゴートスキングローブ プロテクションタイプ』

f:id:glorydaze:20190420085818j:plain

⬆️ 全体の見た目はこんな感じ。
革の雰囲気が良い感じで、初めから柔らかくて動かしやすかった。

f:id:glorydaze:20190420085829j:plain

⬆️ 手の平部分も補強がしてある。

f:id:glorydaze:20190420085850j:plain
⬆️ ここが拳のプロテクター。
結構もっこりしていて、はじめはこの違和感に慣れなかった。 

f:id:glorydaze:20190420085840j:plain

⬆️ 手首はベルクロ仕様でしっかり閉まる。

f:id:glorydaze:20190420085910j:plain

⬆️ ボタンがあるんで一つにまとまる。

f:id:glorydaze:20190420085932j:plain

⬆️ サイズ感はこんな感じです。

 <仕様など>

材質・素材:甲側、掌側共にゴートスキン(山羊皮) 、アジャスター部 合皮
ナックルガード:3つ山タイプのフローティング仕様
重量:150 g
寸法:奥行き × 幅 × 高さ 32.3 x 23.8 x 6.7 cm(Lサイズ)
色:ブラック、イエロー、ブラウン

 

オススメな点

f:id:glorydaze:20190420092940j:plain

1.安全を守れる

いくら自分が気をつけていても、アクシデントは起こるわけで、そんな時最低限の被害で収める事を考えると、安全な装備で乗るってのは基本だと思いますね。

2.操作性がイイ

ゴートスキンの柔らかさがすごく動かしやすくて、初めから上手く使えました。

ただ少し使ってる今の方が、手に馴染んできてもっと良くなってますけどね。

3.見た目がイカ

ゴートスキンのクタッとした革の雰囲気やツヤ感がかっこいいなぁと思いますね。

 

イマイチ・注意点

1.革手袋&プロテクターの違和感

これはホント初めだけ、やっぱり違和感を感じました。

ゴートスキンは動かしやすいけれど、やっぱり革の分厚さってのは感じた。

握る感じとかウィンカーを操作するときとかに、ちょっとした違和感があったのは確か。

でもすぐ慣れましたけれどもね。

2.(寒い時の)指先の寒さ

f:id:glorydaze:20190420092947j:plain

これは普段なら問題ない点ですが、冬のような非常に寒い時に使うと、指先からめっちゃ冷えてきます。

かなり指の自由が効かなくなる感じで。

このグローブ自体は防寒に優れたものでは無いって事だと思いますよ。

うつむいて、散った桜をみながら歩いた。

f:id:glorydaze:20190418095700j:plain[http://photo credit: Neil. Moralee HeadGear via photopin (license)]

 

春になり、入学式や新入生らしき人たちを見かけると思う。

僕は1年間浪人生活をしたのち、特に思い入れのない大学に入学した。
(一応はやりたい学科があったけれども)

ある程度冷めながらも、まだトキメキが残っていた新入生のはじめ、僕はどのサークルにも入れなかった。

サークル仲間を作ることが出来なかった。

クラスでは顔見知りは増えたが、いつもつるめる連中は出来なかった。

人見知りもあって、コミュニティの中でスタートダッシュに遅れた僕は、ずっと周回遅れを走りながら、先頭の群を見ていた。

そしてその後も大学生活に苦手意識をもってしまい、4年生になるまで友達を積極的に作れなかった。

ただ入学したての頃に毎日思っていたのは、「友達が欲しいんだよなぁ。。。」ということ。

僕は当時気になっていた「釣りサークル」に入って、友人や先輩と仲良くして、授業はまあまあ受けて、夕方からサークルで、夜は飲んで終電なくして、下宿している友達のウチに泊まって、なんやら夢や人生を語って、翌日遅刻して講義を受ける、、そんなことがしたかったのだ。

夏休みはサークル合宿して、海釣りして、捌いて調理して、美味しく食べて、お酒飲んで、先輩とも話して、夏までに何となくいい感じのサークル女子と距離が近づいて、、、そんなこともしたかったのだ。

でも結果、まったく上手くいかなかった。

サークルってのは、1年の初めのタイミングで入るのが一番いい。

でもギリギリ2年の初めくらいなら何とかなるのかな?

とにかくタイミングを逃すと3年くらいでスゲー後悔することになる。

そして僕はそうなった。

そこには、今思うと様々な要因があるけれど、入っておけばよかったなと思うことをあげてみます。

 

サークルについて僕が思ってること。。。

①圧倒的に人脈が広がる

普通に友人が増え、きっと楽しくて過ごしやすくなる。

大学で知らない人、新しい生活、未知の環境というストレスから開放される。

僕は3年生ごろまでこのストレスで毎日ビリビリしていた。

卒業した今でも友人、知り合い、同僚などの話しを聞いて羨ましいと思うのは、サークルの人たちと卒業して十数年経った今でも交流があるということだ。

普通に飲んだり、遊んだり、そこから出会いが広がったり。

正直、そういう大学生ライフを過ごしたかった。

②就職活動に有利

先輩の就活の話しを聞いたり、希望する業種に入った人が入れば参考に聞きやすい。

僕は就職活動で何がしたいのか分からず、1人で迷いに迷った経験から、先輩の話を聞けるってのは有利でしかないと思う。

相談できる人がいるといないじゃ本当に違うと思う。

僕はひたすら辛かった。

③彼女、女の子と知り合える

僕はサークルで彼女とか、飲み会でちょっといい感じになるとか、本音を言えばそいういうのにスゲー憧れていたし、今でも全然憧れている。

当時はそこに所属できない自分を正当化して、楽しんでいるヤツらをとことんディスっていた。

ホントは僕も女子といい感じになりたかったのさ。。。

④友達や多様性を知れる

仲のよい友人ができるだけでなく、様々な出身地、経歴、背景を持った人が集まるのがサークルの面白いところなんだろうと思う。

学科の友人って、やはりどこか背景や好みが似ていたりして、特別目を惹く存在ってのがいなかった。

理系男子はどこまでいっても理系男子だった。

4年生のときに全く関係のない文学系の授業を受けて、そこにいたヒトと一時仲良くなった。

全然違う学科の人の話は新鮮でとても面白かった。

文学部には彼のお勧めの美人教授がいて、二人で年上女性の魅力について語り合ったのを覚えている。

 

サークルのノリが合わないならば。。。

①実行委員会の手伝いなどの校内活動

 人から聞いたりすると、サークルの雰囲気に馴染めない人も少なくないようだ。

そしてそういうタイプで、でも大学で何かやりたいタイプの人は、実行委員会の手伝いなどお勧めする。

そういうちょっとマジメ系のコミュニティーに所属すれば、やりがいも感じられたのかもなと思う。

あとサークルよりも遅い時期になっても、所属するハードルは低めなのかなと思っている。

同じ学科の友人が、実行委員会で知り合った別学科の友人の話をしていて、なんだか楽しそうに感じたことを覚えている。

でも結局僕は、そういうのにも入らなかったのだけれど。

 

そして僕のようなコミュニケーションスキルに問題がある人たちは。。。

SNSを活用して外に求めよう

僕の時代はそこまでSNSが発達していなかったけれど、キャンパスライフに活路を見出せなかった僕は、大学2、3年ごろからインターネットを通じて「オフ会」に参加していた。

そこで知り合った人たちは、どちらかと言えば大学や社会のメジャークラスに溶け込めていないタイプが多かったため、共感や劣等感や同属意識によって急速に仲良くなれた。

今ではSNSでコミュニケーションをとること自体が一般的になっているし、昔に比べてそこで様々な人に出会える確率は非常に高いと思う。

ただ今は、「オフ会」などネットで人と交流しようとする事が一般的になっているため、普通のコミュニケーションスキル高めの人間が来て凹むって事もあるだろうけど。

 

そういうのも嫌いなひとは。。。

①1人でいるのも悪くはないと思う

僕は大学の中で、親友と呼べる人に出会えることがなかった。

そんな存在をずっと求めていたけれども。

でもそういう悩み多き日々が、良くも悪くも今の自分を形成しているとは思う。

ひとり学生食堂でモサモサと飯を食うのも悪くはない。

卒業してからあーすれば良かったとジタバタ後悔するのだって悪くはない。

僕は後悔があったからこそ、今の僕に良い影響を及ぼしているとはっきり言える。

 

とはいえ、若さは素晴らしい。

無敵に思える若かりし頃は、イキっても、オタクでも、特徴のない普通でも全てに価値がある。

何かに燃えても、何もしなくってもいいと思う。

でも今思うと、若いエネルギーに満ちながら、こんなに選択肢があるベストなバランスを手にしている期間って、もう今後恐らくないと思う。

定年になってリタイア後に好きなことができるのと、訳が違う。

そんな超貴重な瞬間に居るってのが、当事者たちには現在進行形ゆえに分からないんだろうけども。

もうそこに居ない自分にはとても輝いて見える。

良いねぇ。

ぺんてる『ホルダー消しゴム クリックイレーザー』スティック状の消しゴムが場所を取らずにスッキリカッコいい。

f:id:glorydaze:20190413210824j:plain

筆記の中心がボールペンなので使用頻度は少ないけれど、無いと困っちゃう「消しゴム」。

ブロック状のモノは筆箱の中でどんどんボロボロになっていくのが嫌でスティック状の『ホルダー消しゴム クリックイレーザー』を使っています。

細身でスティック形状であるため、筆箱の中でもすっきり納まり邪魔になりません。

使うたびに先端のゴムを出して使うため、回りとこすれてボロボロにならないのもいい所だと思います。

メタルパーツがクールな感じで好き。 

 

ぺんてる『ホルダー消しゴム クリックイレーザー』

f:id:glorydaze:20190413210753j:plain

<仕様など>

サイズ:幅 14mm ×奥行 8mm × 長さ 122mm
重さ:9g
材質:消しゴム=エラストマー クリップ=ABS ホルダー=アルミニウム
機構:ホルダー消しゴム、スライドクリック式
詰替用消しゴム:品名 ZER3-1

f:id:glorydaze:20190413210806j:plain

<ゴムの交換の仕方>

f:id:glorydaze:20190413210901j:plain

↑↑ クリックイレーサーをカリカリと全部だしますと、軸が見えてきます。

f:id:glorydaze:20190413210844j:plain

↑↑ ソコにパズルのピースをはめ込む要領で換えのゴムを取り付けるだけ。

 

オススメな点

1.細身で携帯しやすい

f:id:glorydaze:20190413210914j:plain

こういう細くて邪魔しないのが個人的に好き。

消しゴムって結構場所取るし、使用頻度低いし、結構邪魔だったりするんで。

スティック状の見た目がペンとの相性もいい。

2.小さい字が細かく修正できる

f:id:glorydaze:20190413210940j:plain

ゴムが細身なので、細かく修正するのに非常に向いてます。

ずっとカドで消している感じで消しやすい。

3.ゴム部分が露出していないので、崩れてボロボロしない

消しゴムって使用頻度の低さと、いつも筆箱の中でボロボロになってたんですけど。

コレだと使わないときはケース内にゴムが収納されているので綺麗に使えます。

 

イマイチ・注意点

1.細身で力強く広範囲にがっつり消せない

f:id:glorydaze:20190413210929j:plain

これは「オススメな点2」の弱点でもあるのですが、細身が故にノート半分くらい書いたものを全部消すとか、ちょっとツライです。

2.一般的なものより割高

一般的には100円程度ですが、コレは400円くらい。

替えゴムだけなら1個100円程度なので、そこまで高額ではないですけどね。

3.替えゴムを含め何処でも売ってるわけではない

替えゴムが欲しくても、コンビニでは売ってないのがツライ点。

まとめてネットで買っておくのがいいです。

<関連記事もどうぞ>

glorydaze.hatenablog.com

僕がやってる『ノート術』その5:最後のページは目次+αとして活用。

f:id:glorydaze:20190415140803j:plain
[http://photo credit: mytradingskills Amazing Day Trading Setup with Laptop, Coffee and Notepad via photopin (license)]

これまで試行錯誤してきた自分のノートの使い方をブログに書いています。

今回はノート最後のページ左右を使って、目次+αを作る方法について紹介します。

参考になればやってみてください。

 

5-1.最後のページ左

最後のページは、左側がノート最後のページで、右側が裏表紙となっているところです。
左側を使う前におさらいですが、ノートに見出しマークを書き階層構造でノートを書くというのを前回書きました。 

その際に使っている、「大見出し」「中見出し」を目次に活用します。
ノートを書き進める中で、新しい大見出し、中見出しが追加されていきます。
その都度、最後のページ左に、その大見出し、中見出しをメモします。
(一日終わった段階でメモる位がいいです)
僕の場合、一番上の罫線から順に、
← 大見出し名① 例:クライアントA社
← 大見出し名② 例:社内作業○○
← 大見出し名③ 例:クライアントB社
← 大見出し名④ 例:業者C
    ・
    ・
と下に下に追加で書いていきます。
逆に、中見出し名は一番下の罫線から順に、
    ・
    ・
← 中見出し名③ 例:出張打合せ
← 中見出し名② 例:会議
← 中見出し名① 例:検査作業
と上に上に追加で書いていきます。
 
そしてこれまで書いてきたページの端にマークをつけます。
左ページなら左端に、右ページなら右端にマーカー等で軽く色を塗ります。
僕は「COPIC(コピック)」のグレーを使ってマークしています。
最初は黒マジックで塗っていたのですが、黒が強すぎてうっとうしかったので、グレーにしました。
グレーのマッキーを探したのですが近所にはなくて、今のところコレを使ってます。
(ネットだとマッキー灰色もありました、次回はソレを使ってみるつもり)
 
ここまでやれば、後はページの腹(背表紙の逆側)をたわませながら最後のページを見ると簡単に大見出し、中見出しのどちらからでも検索することが出来て便利です。

 

5-2.一番最後右ページにメモ用紙

最後のページの、裏表紙の部分を有効利用しています。
不要な紙や間違ったコピー紙ってあるじゃないですか、A4サイズなんかの。
ソレを1/4程度の大きさに切って、クリップでまとめて最後のページに取り付けています。
こうするとメモ帳が最後のページに備わって、何かメモしたいときに便利。
印鑑の試し押しや、ちょっとした計算とか、人に何か書いて託すときとか、そういう時に非常に役立ちます。
 
 

こんな感じでつかってます

目次って、あれば便利かなって思っていたものの、意外と使わなかったりします。
準備する労力に伴わないくらいにしか使用頻度が少なければ、やらなくてもいいかもしれませんね。
僕も目次に関しては去年くらいから始めたのですが、時々あってよかったと思うときありますね。
裏紙を使ったメモ帳は毎日使うし、とても便利だと思いますよ。
 
 
<関連記事もどうぞ>

diem『ボタニカルトゥースペースト/ジェル』 天然由来成分がうれしい、後味スッキリ、見た目よし。

毎日のデンタルケアに健康と安全を考えて

f:id:glorydaze:20190413195617j:plain

歯磨きやホワイトニングに興味があります。

虫歯の定期検診と歯石を綺麗にしてもらうため、半年に1度歯医者で綺麗にしてもらってます。

ただ、毎日の歯磨きもちゃんとしなくちゃと思いながら、ただどんなものが良いのか?みたいな感じで毎日歯磨きをしています。

最近のお気に入りはdiemの『ボタニカルトゥースペースト/ジェル』。

ペーストタイプとジェルタイプの2種類で展開していて、共に味が異なります。

一番のお気に入りは天然由来成分で作られていること。

毎日使うものだし、口に入れるものなので拘りたいなと思っています。

 

diem『ボタニカルトゥースペースト/ジェル』

f:id:glorydaze:20190413195503j:plain
↑↑ コレは「ペースト」の方で、サイズは一般的な歯磨き粉と同じくらい。

<仕様など>

f:id:glorydaze:20190413195529j:plain
効果・効能

  歯を白くする、歯のヤニをとる、歯石の沈着を防ぐ、虫歯を防ぐ、歯垢を除去する、口臭を防ぐ、口中を浄化する

8つの無添加
  合成界面活性剤、合成防腐剤、合成甘味料(サッカリン)、フッ素、鉱物油、合成香料、合成着色料、動物原料フリー

おんなじ括りで販売されていますが、①「ペースト」②「ジェル」で若干の違いがあります。

大きく分けて、違いは3点

  1.研磨剤あり/なし
  2.味(フレーバー)
  3.容量

です。

①ボタニカルトゥースペースト

  フレーバー:スペアミントローズマリー
  容量:100g
  生産:日本

f:id:glorydaze:20190413195544j:plain

②ボタニカルトゥースジェル

  フレーバー:マンダリンオレンジ×グレープフルーツ
  容量:70g
  生産:日本

 

実際にを使用してみての感想

f:id:glorydaze:20190413195611j:plain

1.天然由来成分で安心なデンタルケア

毎日のことなので、できるだけ身体にいいものを使いたいと思っています。
アレルギー体質なので、悪いものって知らず知らず蓄積して身体や体調に影響を及ぼしていると思っているので。
なので天然由来成分を使っているってのが結構決め手で使っています。

2.クールで効果がありそうな雰囲気

洗面所にあると雰囲気が引き締まります。
普通にデザインが好き。

3.後味すっきりで歯がツルツル

程よいフレッシュな後味がすごく好き。
磨いた感じも問題なく、歯がツルツルになる。

4.「ペースト」「ジェル」どっちがオススメ??

f:id:glorydaze:20190413195637j:plain

まず「ペースト」には研磨剤が含まれていて、「ジェル」には含まれていません。
つまり普通に歯磨きをする人には、研磨剤の含まれる「ペースト」がオススメなんじゃないかと思います。
コレとは別に研磨剤を多く含む歯磨き粉を使っていたり、「インプラント」の人には「ジェル」が向いているんじゃないでしょうか。
僕はどっちも使ってみましたが、今は「ペースト」を使ってます。

お財布にも税金にも優しい『ジェネリック医薬品』をお願いした話。

ジェネリック薬品でお財布にも税金にも優しくなる

f:id:glorydaze:20190413190343j:plain

数年前から会社(が所属する保険)から保険費用のお知らせに、「毎度ジェネリック医薬品にしてください」といった連絡が来ていました。

それによると大分医療費が安くなるらしい。

医療費が安くなるということは、7割負担してくれる税金からの出費も安くなることになる。

僕は毎月皮膚科に通っていて、毎回同じような薬をもらっているのだけれど、通院で1500円ほど、薬で1500円ほどかかっていました。

仕方のないことではあるけれど、もっと安くなればいいなぁと感じていたところでした。

薬代が年間でおよそ2万円くらいかかるけれど、ジェネリックであれば1/3程度になるらしい。

2万て結構でかいですよね。

 

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品』とは、「後発医薬品」とも言い、薬の特許がフリーになったものを他の製薬会社が同じ成分で製造する医薬品のことです。

莫大な開発費用を投じることなく、安全で効果の分かっている薬を作ることができるため、同等の効果なのに低価格の医薬品であるというメリットがあります。

後発医薬品

後発医薬品(こうはついやくひん)、ジェネリック医薬品(英: generic drug, generic medicine)とは、医薬品の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を、他の製薬会社が同じ有効成分で製造・供給する医薬品である。新薬と同じ主成分の薬とも言われる。後発薬、GE薬といった略称で呼ばれることもある。先発の医薬品は先発医薬品ないしは先発薬と呼ばれる。

なお、医薬品の特許には、物質特許(有効成分)・製法特許(製造方法)・用途特許/医薬特許(効能効果)・製剤特許(用法用量)の4種類がある。

後発医薬品 - Wikipedia

 

ジェネリック希望シールはスルーされ続けた

f:id:glorydaze:20190413185942j:plain

はじめは保険証カードに「ジェネリック希望します」というシールを貼って通院していました。

これでジェネリック医薬品になるかと思っていたけれど、結果はスルー。

次回、お薬手帳にも「ジェネリックお願いします」というシールを貼って薬局に提示した。

こちらも結果はスルー。

僕はこの薬局には僕の希望するジェネリックが無いのだろうと思っていた。

しかし会社からはジェネリックにしましょう的な連絡が毎回来る。

 

ジェネリックを声高に叫ぶ

f:id:glorydaze:20190413190023j:plain

僕のジェネリックにしたいという希望が伝わっていないのではないかと思った。

、、、確かにシールは小さい。

ていうか、保険証カードは病院の受付で止まってしまい、先生まで届かない。

先生に直接話してみた。
「あの、ジェネリック医薬品を処方してくれませんか??」

先生は
「分かりました、でもそれは薬局にもちゃんと言ってください」

先生と薬局両方にちゃんと言葉で伝えないとダメだったようだ。。。

薬局も常に混雑しており、お薬手帳に貼ってる小さなシールを見てる暇もなかったのかもしれない。

僕は、結構しつこく
お薬手帳にもシール貼ってますけど、出来るものはジェネリック医薬品でお願いしますね!」
と伝えた。

そうして今回、ようやくジェネリックが処方されました。

費用はおよそ1/3の500円程度でした。

ちゃんと伝えていれば、数年分の医療費が節約できたと思うと残念だけれど仕方ない。

ジェネリックのシール、それだけじゃほとんど効果ありません。

ちゃんと病院、薬局共に声にだしてジェネリックを頼むことが必要だったみたいです。

社会人は土曜にかかりつけの病院にいく方が多いと思います。

土曜は激混みなので、特にシールだけじゃ対応漏れあります。

というか、忙しすぎてシールなんて見てない感じでした。

毎回僕のこと覚えている訳じゃないので、毎回薬局でちゃんと言わないとダメっぽい ですよ。

 

ジェネリック対応しているかどうか 

ネットで自分が使う医薬品にジェネリックがあるのかどうか、簡単に調べられます。
下のサイトで検索してみてください。
僕の場合、皮膚科で処方される塗り薬とか、アレルギーの飲み薬なんかはジェネリックがありました。

https://www.generic-guide.jp/

僕がやってる『ノート術』その4:見出しマークと色を決めて整理整頓。

f:id:glorydaze:20190412105204j:plain[http://photo credit: Global Partnership for Education - GPE A student's notebook via photopin (license)]

何となく自分のノートの使い方を書いてみたくて書いているノート術。

今回は「ページに書くときのルール」について紹介します。

参考になればやってみてください。

 

4−1.見出しを決めて書く

見出しはいつも全部箇条書きで書いていて、あとで見て困ったとき何に関して書いていたのか全く分からなくなって困ってから。
自分ルールなので、慣れるまでは忘れたりしていたけど、今はこの流れで書くのが結構スッキリします。
具体的には大きく4段階に分けて書いています。 
① ■ :大見出し
② ━:中見出し
③ ● :小見出し
④ ・:箇条書き
の4段階層で書いています。
分かりにくいので具体例ですが、
■動物園の生き物
  ●魚類
  ・サメ
  ・マグロ
  ●両生類
  ・カエル
  ●鳥類
  ・ワシ
  ・フクロウ
   ●哺乳類
  ●
  ・ 
↑↑ みたいな感じです。
毎回ノートに大見出しを書いておけば、後から追って確認できます。
後で目次をつける場合に、大見出し、中見出しを基準に作ると非常に便利です。
 

4−2.ペンの色で意味合いを変える

3色、4色ボールペンを使っている人は、テクニックとして知っている人も多いはずです。
僕は「フリクション」の4色ボールペンを使ってるんで、4色で色分けしてます。
具体的には、以下の通りです。
① 黒:通常の筆記
② 青:誰かからのコメント、アドバイス、依頼など
③ 緑:自分で感じたこと、備考など
④ 赤:黒青緑に関わらず、特に大事なこと
このルールを守るとノートを見るときにスゲー楽になります。
 

こんな感じで使ってます

あとで書いたことを探すとき、「その3」で書いたように時系列の履歴も大事ですけれど、テーマ別で探すことができるようにしておくのも大事です。
階層別にまとめるのと、色分けを心掛ければそれだけで結構まとまります。
 

 <関連記事もどうぞ>

glorydaze.hatenablog.com