GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【日々】まどる日々180425(水)

朝、非常につよい雨にくじけそうになる。
もっと柔らかな雨かと思っていた。
通勤徒歩は何故か続いている。
そして断酒も続いている。
どちらもまだ3日目だけれど。
途中、いつもは枯れた川が激流に変わっていた。

30分ほど歩き、ふと悟る。
傘では下半身の雨は防げない、と。
まだまだ会社までは遠いが、スニーカーはぐしょぐしょだ。
なぜ長靴を履かなかったんだろう。
パンツもぬれて、太ももにピトリと貼りつく。
帰りたい、帰りたい。
でも酒を飲んでいないからか、朝から軽く歩いているからか、気持ちにネガティブさが少ない。

偶然なのか、徒歩通勤&断酒が効いているのか分からない。
作業着に着替えたときに、若干お腹がへっこんでいるのが、ベルトを締める感覚で分かった。
徒歩通勤の良さに関して、数日だけど感じることがある。

・朝、晩で軽く運動になる
徒歩は1時間で5キロと言われているので、往復で10キロのウォーキングになる。
この位の軽く運動している感がとてもよい。

・帰るとほどよい疲れですぐ眠くなる
帰ってもご飯食べてからネットをダラダラしたり、晩飯を外で食べてついでに飲んでいた。
今週は晩御飯食べて22時くらいになると、ホント眠くなる。
しかも朝歩きたいから、0時前に寝ている。

・歩きながら音楽や思考を巡らすことができる
原付通勤だと音楽を聴けない。
最近買う音楽を聴きこめていないなと感じていた。
それも朝聞きながら歩くとなんとも都合がいい。
音楽を聴かずとも、考えたり一人頭の中で話したりと、なかなかいいのだ。

こうやっていい習慣は続けたいものだなと、そう思う。
そして残業して疲れた身体で帰る。
もう午後には天気も回復し、傘も乾いていた。
夜の空気もすっきりとしていた。
まだ半乾きのパンツと、ぐしょぐしょのスニーカーで歩いて帰った。
こればっかりは明らかな選択ミスだった。
帰って洗濯しようと思った。

【日々】まどる日々180423(月)

酒を飲みすぎて変な寝方をしたのか、朝5時くらいに目を覚ました。
思いのほか寒く、雨かと思ったが違った。
Youtubeでラジオ「伊集院光らじおと」を聴きつつ、食器洗い、会社に持っていくお茶を作る。
こういう地味な作業が好きだ。
しかし今朝は本当に寒い

二度寝せずに居たのは先週の飲んだ暮れのせめてもの罪滅ぼしか。
徒歩で一時間程度、歩いて会社へ。
曇り空でも、最近購入したスプリングコートを着れば気持ちも少しは晴れる。

徒歩はいい。
軽く汗ばむ感じも悪くない。
毎日続けられたら健康になるだろうな。

何となく理想としては
・徒歩で通勤
・会社で飲むお茶は持参して自販機の甘い飲み物を買わない
ってのを継続したい。
とはいえ、徒歩でも1時間はなかなか。
往復で2時間、約10キロ。
よく仕事終わりにジムに通う社会人ってこんな感じなのか。

帰り道は仕事の疲れも重なり、結構しんどかった。

【日々】まどる日々180422(日)

f:id:glorydaze:20180423092143j:plain

今日は午前中から予定が多かった。
AMにamazonの受取りがあったので早く目覚めた。
佐川は9時半ごろ。
ヤマトは12時ギリギリ。
シャワー中に来られても対応できないため、入るタイミングに困った(結局昼に入る)。

13時に原付の点検があるのでバイク屋へ。
購入して2年弱経つが、初めて点検してもらった。
最近エンジンが急に止まったり、キックじゃないとエンジンがかからないことが殆どになっていたからだ。
エンジンが急に止まった日にバイク屋で見てもらい、「カーボン噛み」という現象だと分かった。

カーボン噛みでエンジンがかからない原付、応急処置的にエンジンをかける方法 | 原付バイク専門店 仙台東ライダース

そしてこのバイクは「カーボン噛み」が発生しやすいリコール対象車であった。
この原付、2度目のリコール修理だ。
ついていない。
そして皆さん、定期点検はちゃんと受けましょう。

15時以降に受け取るため、その間にスーパー等へ買出しに。
鳥の手羽先8本、豚バラの薄切り肉200g。
キノコ類、納豆。
家で手羽先のスープと豚バラで肉豆腐を作る。

整備された原付を取りに行く。
歩くと30分かかる、いい運動。
整備後はブレーキが硬めになっていた。
バイク見ていると欲しくなる。
友人がバイクの教習所に通っていて、バイク旅をしたいって話を聴いているのも影響している。
僕も実は興味があって、バイクでウィスキーの蒸留所を巡る旅なんかがしてみたいのだ。

帰宅し、借りていた映画「竜二」を見る。
萩原健一の「ララバイ」を聴いてから気になってた映画。
主役の金子正二はこの映画が公開されて直ぐ、癌によって他界する。
病のためか、かなり顔色が悪いが、それが逆に鬼気迫る雰囲気を醸し出している。
そして歯が超キレイ。
80年代の新宿が映し出される、凄い雑多で汚いけどエネルギーすごい。

竜二 (映画) - Wikipedia

www.youtube.com

 

夕方、ふらりと町田へ足を延ばす。
よく行くバーのマスターに子供が生まれたのでお祝いしたかった。
でもお休みだった。
ハイボールバイスサワーでほろ酔い。
最近は酔うととたんに寂しさが増す。
一人で生きるのには限界があるなぁ。
なんて事を考えながら。
でも誰でもいいって訳でもねぇしなぁ。
なんて事も考えながら。
最近毎日相当飲んでるなぁ。
逃避なんだろうか。
まあそうなんだろう。

【日々】まどる日々180421(土)

f:id:glorydaze:20180422230753j:image

回文てすげぇなあっていつも思う。

しかも長文だったりすると信じられない。

matome.naver.jp

仕事中、一個だけ回文を考えてみようと思った。

シンプルで、渋めの情景が浮かぶ感じのやつを。

自慰を維持(じいをいじ)ってどうかな。

でも

意地の自慰(いじのじい)の方がなんか哀愁感ある。

男の哀しみが表現できてる感じあるし。

と、ここまで考えてて

爺の自慰とかめっちゃ哀愁あるやつできた!

って思ったんだけど、回文になってなかった。

残念捻挫!

【日々】まどる日々180420(金)-21(土)

f:id:glorydaze:20180422212341j:image

今日は二日酔いの残る身体で休日出勤。
酒は抜けていないのではないか。
原付を運転していいものだろうか。

昨日は残業で遅めに家に帰り、晩飯がてら一人飲み。
お気に入りの串焼き屋は22時ごろでも盛況だった。
ハイボールとお通し。
ホッピーと5本盛り。
程よく酔った身体で店を後にした。

駅を挟んだ逆側に、しっかりとウィスキーを出すバーに行こうと足を進めた。
明日仕事だから、1、2杯飲んで家へ帰るつもりだった。
おい、○○(僕の名)!
○○!
会社の別の部署の人たちがカラオケ屋の前でワラワラしていた。
帰る人たち、残って3次会をする人たち。
前はあの部署に居たのに、すぐに分からなかった。
その中のYさんに呼び止められた。

以前体調を崩して休み、復帰後部署を移動してからは話す機会がなかった。
僕をずっと心配してくれていたらしい。
素直に嬉しかった。
ウィスキーは取りやめて、3次会へお邪魔させてもらった。

アヴェンジャーズなメンバーだった。
3次会に残った30代から40代前半の人たち10名程度は、ウチの会社の今後トップになるであろう人たちばかりだ。
声をかけてくれたのは同い年だけど僕よりもずっと先輩の人。
会社でも1、2を争うイケメンだ。
イケメンは性格もなぜだかイケメンだ。
僕に向けて熱い話をしても、話しすぎて冷え切ったカルボナーラうどんを箸で食ってもイケメンだ。

 

3次会には他部署の女性も参加していた。
カラオケ屋で偶然その2部署が居て合流したらしい。
そして一緒に飲んだらしい。
こういう女子がからむ偶然って自分にはあまり降ってこないなぁ。

昔、営業の後輩が気を利かせて企画してくれた合コンの話をした。
隣に座ってた方と僕と、ひとつ上の先輩と参加したのだ。
営業の後輩の女友達は、みんなギャルっぽかったな。
全然その後つながらなかったな。
あの子、ドトールで働いてたな。
なんて事を思い出したり。

こうやって金曜の夜に、会社の人たちと普通のサラリーマンぽく飲むのも悪くないな。
普通のチェーン店の居酒屋で。
卑屈にならなきゃ、あン時も案外普通にやれてたのかもな。

ビールを飲みすぎた。
ビールって飲み物は、1次会で飲めば十分な飲み物だ。
皆は駅方向へ向かう。
僕は家のある反対側へ向かった。

【雑記】ニガヨモギ

f:id:glorydaze:20180414031641j:plain

[http://photo credit: rachelgreenbelt artemisia sp, bird, Sanibel, jdy337 XX200912037168.Ajpg via photopin (license):title]

 

部屋に座ってぼおっとテレビを見ている彼女がいた。
見慣れた、少し縦長の丸みをおびた後頭部と、ポニーテールがあった。
そこに、そっと後ろから抱きしめた。
柔軟剤と、シャンプーと、甘くて濃い彼女の匂いがした。
、、、幸せだぁ。
そう無意識に、小さく呟いた。
え、何?
いやだから、幸せだなって思って。
うん、聞こえてたよ。
聞こえてて、聞いたの。

 

そんな想い合っていた女性とも今は別れて随分経つ。
連絡先も、今どうしているのかも知らない。
そして知ろうともしていない。
もう他人同士。
他人として過ごし始めてからの方が、付き合ってた年月よりも長くなった。

 

今俺は何がしたいのだろう。
別れるだろうなと思いながらも、人と繋がろうとしている。
どうせ別れるならば、1人歩めばいいのに。
本当に、どうしたいのだろう。

 

寂しいだけなのか。
不安なのか。
愛されたいのか。
必要とされたいのか。
交わりたいだけなのか。

 

もう世の中を分析したり、いきがって生きることもない。
清々しい気持ちで望む日もない。
世界を変えようとすることもない。
先は孤独死か。
将来の善意にすがるのか。
諸々そこまでの計画性はない。

 

どうなんだ。
とりあえず、笑いと、健康と、少しだけのドキドキが欲しいよ。
そして、うっとりするような一瞬が。
やっぱり間違ってなかったと思える一瞬が。
あの麻薬のような、快楽が。
そしたら、日々は質素に、あまり求めず、期待せずに、ひっそりと生きていくよ。
大きな期待も、野望も持たず。
でももしかしての、ナイフを隠しながら。
舌もとろけるようなデザートはいつも毒でできている。

【雑記】競争の狂騒のはざま

f:id:glorydaze:20180404134334j:plain

[http://photo credit: gato-gato-gato only one via photopin (license):title]

 

地元に人気のラーメン屋がある。
いつも行列だ。
食べる前にみんなインスタ用の写真を撮る。
スマホiphone率が非常に高い。
周りの家は店先の騒音やゴミで迷惑している。
 
山の麓にひっそりと一軒のパン屋がある。
メディアで取り上げられてから、車で県をまたいで遠方からも買いに来る。
午前中のうちに今日の注文分はなくなってしまう。
地元の人たちの手に届くことは無くなった。
 
お洒落で斬新な本屋が急成長している。
そんなに本を読まないけれど、足を運びブログに感想を書く。
近所の本屋で購入することは無く、いつもアマゾンで注文する。
 
時代のはざまに沈んでいくモノ達の声がする。
やる気があって、ガチ本気の店以外がどんどん衰退・消滅していく。
親がやっていたからって理由だけで、息子が続けているだけの店が閉まっていく。
何かを始めるには超一流を目指す気が無ければ、始めることすらダメなのか。
商店街にある、美味くも不味くもない店が閉まっていく。
超美味くて万人に評価されないとダメなのか。
なぜだろう、僕は悲しみと焦りを感じる。
 
競争原理だから仕方ないのか。
企業努力が足りないのか。
自然淘汰は原則なのか。
それは正しいのか。
それは明白なのか。
それは常識なのか。
それが経済なのか。
それが社会なのか。
それが大人なのか。
それが人生なのか。
それが未来なのか。。。。。
 
余白が欲しい。
ダメさを受け入れる度量が欲しい。
やる気のないスタンスを受け入れ笑ってくれる余裕が欲しい。
そこから産まれる「なにか」を可能性のひとつとする文化であって欲しい。
それが一般的に認められにくい世の中だ。
甘えなのか。
怠惰なのか。
言い訳なのか。
負け惜しみなのか。
逃げなのか。
諦めなのか。
劣悪なのか。
不良なのか。
そしてそれらを口にするという事はダメなのか。。。
そんな息苦しさから離脱したい。