GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【モノ】その快適さに一度履くと抜け出せない。5本指靴下の魅力を語る。

f:id:glorydaze:20180316122632j:plain

[http://photo credit: CJS*64 Just a lazy Sunday afternoon Zzzzz via photopin (license):title]

サラリーマンは足もサラリとしておこう 

仕事中は5本指靴下を愛用している。
このお陰で水虫やムレることも無くなった。
愛用して早10年。
どこがオススメなのかこれまでの体験を述べたいと思う。
 
仕事柄、安全靴や作業靴でほぼ一日を過ごす職業だ。
そのため、足が蒸れたり汗をかくことも多かった。
安全靴は通気や快適さの追求よりも、安全であることが第一だからだ。
そこで5本指靴下にしたところ、非常に快適になった。
そこでまだ5本指靴下派じゃない方に、オススメとイマイチな点を書いてみたい。
 

『5本指靴下』のオススメとイマイチな点

◎オススメ◎
1.蒸れない
ぶっちゃけ更衣室で足クサいなぁーという者も居る。
しかし5本指は全くそういうことが無い。
勿論厳密に言えば、それ相応の蒸れはあるし、よくよく嗅げばクサさは発生しているだろう。
しかし水虫とかそういった通常の靴下で起こりうる問題は発生していない。
ちなみに以前ノーマル靴下で仕事をしているときには今より蒸れていたし、水虫っぽい感じになったことはある。
2.汗で冷えない
蒸れると不快なのは臭いだけじゃなく、冬は特に汗で足が冷えた状態が継続することだ。
僕はこれがすごく苦手だったので、解消されてよかった。
今ではサラッとした爽やか男子だ。
3.足の指が気持ちよい
足の指一本ずつ靴下の生地に包まれている状態が気持ち良いのだ。
あと、履くときに一発で5本の指にちゃんと靴下が収まったときも何だか嬉しい。
今日はイイ事あるかもな、と思う(何もないけども)。
4.ビブラムファイブフィンガーズ(スニーカー)に最適
以前の記事で書いた、5本指のランニングシューズがある。
これを履くときはどうしたって5本指靴下が必要になる。

 
△イマイチ△
1.洗濯した後に乾きにくい
通常靴下よりも形状が入り組んでいるため、乾きにくい。
そういうものだと諦めている。
2.あまりおしゃれなのがない
最近はおしゃれなものもチラホラだが、基本的に5本指靴下は「オジサン」ぽい印象をもたらす。
特に単色のものはオジサンぽさが顕著だ。
これに関してはオジサンなので諦めている。
3.左右で違う形状
左右で違う形状のため、洗濯物を取り込むときに毎回左右合わせをする必要がある。
(僕は同じ色の靴下を6セット購入している)
少しだけ面倒ではある。
4.座敷の席で微妙
合コンや女子も来る飲み会の席で、座敷の場合に微妙なダサさがある。
逆に5本指なのにカワイイものだと話のネタになる。
ということで、そういう場にはそういう靴下を履いていくことにしている。
TPOてやつだ。
 

オススメな5本指靴下

f:id:glorydaze:20180316223814j:plain

ここのは無地のものとカワイイ物があってオススメ。
僕はポップな靴下が好きなのだ。
あと他と比べても穴があきにくく、長持ちする印象がある。
amazon無印良品でも5本指靴下は何度も購入した。
しかし同時に使っていると、生地に穴があきにくいのはユニクロだ。
またユニクロはロングタイプ、くるぶしまでのショートタイプ、1色のシンプルなものからカラフルなものまで多少のバリエーションがある。
店もどこにでもあるし、無くなればすぐに補充できるのは非常に便利なことだ。
 
2.Tabio MEN(靴下屋)
f:id:glorydaze:20180316223817g:plain
以前プレゼントされたことがあるが、かなりカワイイ靴下でお気に入りだった。
ユニクロよりも断然種類があるし、生地も分厚く(強く)しっかりしていた。
ネックは金額かなと思う。
ユニクロが1足400円程度で、3足まとめると1000円程度で買えるのに対して、
Tabioは1足900円程度と3倍する。
僕は五本指靴下を仕事時の作業着の一部として割り切って履いているので、金額も抑えたいという気持ちがある。
なのでこのお店はプライベート用って意味合いならとてもいいと思う。
5本指以外でもおしゃれなものばかりで、見ているだけでも楽しい。