読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【暮らし】またまた来てしまった『麺屋 蓮花』@古淵。焦がしニンニクの香ばしい魅力が口に広がるマー油とんこつは抗えない魅力あり!【相模原・古淵】

古淵の塩とんこつにハマり中

f:id:glorydaze:20160224113729j:plain

ダイエットしたいといっているのに、お昼にこの『麺屋 蓮花』に行きたくなってしまいます。

前回は最もポピュラーな「塩とんこつ」を注文し、レポートしました。 

今回、僕が気になっていた「マー油」を使った塩とんこつを食べたところ、また違う美味さでした。

蓮花の塩とんこつは、とんこつと鶏ガラのミックスされたスープだと思うのですが、非常にあっさり、さっぱりしています。

ギトギト系が苦手だったり、女性にはそれをオススメしたいのですが、男性で物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

がっつり食べたい人にはこちらがオススメです。

 

マー油って何だろうと思って調べてみた

良くラーメン屋さんで目にする「マー油」って、にんにく系の焦がし油っぽい印象しかなく、詳しく知りませんでした。

マー油

胡麻油と、揚げたり炒めたりして適度に焦がしたニンニクを主な材料とする調味油。「焦がしニンニク油」などとも呼ばれる。特に九州・熊本ラーメンで香味として用いられる。熊本に本拠地を持つラーメンチェーン店「桂花ラーメン」では自家製香味油を「魔油」と呼ぶ。なお、中国では「麻油」といえば胡麻油を指す。

マー油とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

 予想通り、大体合っていました。

この独特の風味が食欲をそそるんですよね。

 

蓮花「塩とんこつマー油」を実食!

f:id:glorydaze:20160224113744j:plain

この表面に浮いている黒い液体が「マー油」です。

今回はそのまま直接かけれもらいましたが、お好みで小皿に入れてくれます。

そうして好みの量を入れながら味を楽しむ人もいるようです。

スープを一口飲むと、通常の塩とんこつとは全く異なり、力強いマー油の風味がドン!と口に広がります。

そして細麺にもスープとマー油が絡んで、美味いです。

僕は固めで茹でてもらったので、歯ごたえが良く、どんどん入ってきます。

味は塩気というよりうま味系。

お好みで塩ダレもありますので、濃度調節も出来ます。

f:id:glorydaze:20160224113718j:plain

今回も替え玉を頂きました。

ただ、このマー油入りでしたら、ご飯を注文するのもアリだと感じました。

ラーメンの味、個性が強いので、おかず感覚で白ご飯と一緒に食べたら美味いと思いますね。

 

まとめと思ったこと

・蓮花@古淵で「塩とんこつマー油」をいただいた

・非常に男らしい味でガッツリ食べたい人にはオススメ

・ご飯も頼みたかったけども、替え玉をしていたので自重した

 

★お店詳細情報★

・店名:麺屋 蓮花(めんや れんか)
・ジャンル:ラーメン
・TEL・予約:電話番号非公開
・住所:神奈川県相模原市南区西大沼1-1-12
・交通手段:国道16号線を八王子方面に向かい、「大野台小入口」交差点を左折。右手すぐのMEGAドンキホーテ駐車場の隣が店舗、古淵駅から515m、徒歩7分
・営業時間:12:00~15:00(L.O.14:45)、18:00~22:00(L.O.21:30)※材料がなくなり次第終了、ランチ営業
・定休日:水曜日
・カード:不可
・席数:10席 (カウンター席8  テーブル席2)
・個室:無
・駐車場:無

麺屋蓮花のHP

麺屋 蓮花 - 古淵/ラーメン [食べログ]