読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【暮らし】華丸・大吉先生ご推薦!『せんじ肉』は結構のど渇く⇔ビールを飲むの永久ループ!

アメトークで華丸・大吉の大吉先生が紹介されていました

f:id:glorydaze:20150810011908j:plain

www.youtube.com  ※40分過ぎくらいにその話しが出てきます

以前「アメトーーク」の「お酒飲みすぎちゃう芸人」の回で見たおつまみが気になって購入してみました。

華丸・大吉の大吉さんが、新幹線の中で食べるおつまみとして最高と話していたものです。

それは「せんじ肉」という名前の聞きなれないおつまみを紹介していました。

ざっくり言うとホルモンのジャーキーという説明をしていたのですが、「うまそうだなぁ」思ったし、夏のビールにも合いそうだなと思ったのです。

 

せんじ肉とはホルモンのジャーキーのことらしい

せんじ肉は「せんじがら」とも呼ばれるようで、広島県発祥の食品のようです。

ホルモンを油で揚げた後、干して味付けをしたものです。

お酒に合いそうです、酒飲みにはたまらん食い物な感じがします。

せんじ肉(せんじがら)

豚のホルモンを揚げて干したものに塩で味付けしたもので、とても硬いが噛めば噛むほど味の出る、お酒には最適のつまみです。デリカミート有福では独自の味付けと製法で現代風にアレンジ。1口サイズでとっても食べやすい、ビールに合うのは言うまでもなく、日本酒・焼酎にも良し、ワインにもぴったりな広島を代表する珍味のひとつです。

せんじ肉の販売!デリカミート有福です。

 

『せんじ肉』は硬ウマい!が若干ノド渇く!

とりあえずamazonで購入してみました。

1袋単品や10袋入り、あとは数種類のタイプの異なるせんじ肉の詰め合わせ品などがありました。

僕の購入したのはスタンダードな『せんじ肉』で、値段は1袋にすると¥300くらいしました。

f:id:glorydaze:20150810011944j:plainf:id:glorydaze:20150810012147j:plain

実際のモノは1袋に量が多くないため、値段は結構高めかな?というのが印象です。

一口食べると、噛み始めは結構硬め、だけど噛むほど味が出てきてウマイ!って感じです。

つまみ系の食べ物が好きな方なら多分気に入ると思います。

あとホルモン特有の臭みも(僕自身は)気になりませんでした。

これとビールの組み合わせは中々良いです。

その他、味についての感想は以下になります。

1.噛んだ食感は若干硬め

硬さで言うと、スルメ>せんじ肉>鮭とば=ジャーキーという感じです。

噛むほどに味が出てきて、柔らかくなるのはスルメやジャーキー同様に干し肉系の特徴でしょうか。

2.色んな部位が入っているが、どれが何かは不明

見た目からして、何となく3~4種類のホルモンが入ってますが、どれがどれかは不明です。

そしてそれぞれ歯ごたえ、味が違います。

ただし味の違いはそこまで明確ではないですね。

3.1袋の値段が結構高い

上でも述べましたが、1袋45gにしては若干お高めかなと思います。

ただ、つまみとしては好きな味なので、また買っちゃうかも知れません。

4.意外と高カロリー&オイリー

f:id:glorydaze:20150810012022j:plain

スルメ、鮭とばって比較的低カロリーですが、コレは作る工程が油で揚げた後に干しているということもあって結構高カロリーでした。

100gで425kcalなので、1袋およそ200kcalくらいですかね。

あと油で揚げてあることもあり、手が若干オイリーに、、、冬は手の乾燥が防げます。

 

まとめと思ったこと

・アメトークで観た『せんじ肉』はホルモンのジャーキーだった

・少し硬いがかみ締める程に味が出てくる、酒飲みにはたまらん食い物だった!

・塩気があるので結構ノド渇く⇔ビール飲んじゃうのループから抜け出せなくなる!