GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

原付の容量を一気にアップ。ダサいと思っていた『リアボックス』が超便利だった。

リアボックスは原付だけが許されるダサかっこよさだった

f:id:glorydaze:20180811230347j:plain

原付の容量をアップさせるため、リアボックスをネットで購入し、自分で取り付けました。
原付を乗り始めてから、早2年が経ちますが、その間ずっとリアボックスに抵抗がありました。
便利そうだけど、なんかダサいんだよなぁ、、、と。
(今でも前かごはすごい抵抗がある)
ただ当時から友人や同僚に「絶対付けたほうがいい」と力説されてたので、それなりに便利なのだろうとは思っていたのですが。

 

バイク屋に行って色々と見てみましたが、値段が1万円以上と結構高い。
おそらくしっかりしたメーカーのもので、取り付け費用も込みなので、その程度はかかるのかなと諦めてました。
しかしネットで見ると、その半額〜1/3くらい。
確かに取り付け作業はあるけれど、そのくらいは出来そうだと思い、購入しました。

 

NBS『リアボックス』のレビュー

f:id:glorydaze:20180811225850j:plain

僕が購入したのは、32Lと言うサイズ。
一般的なサイズだと思います。
届いた箱が超デカかった。

f:id:glorydaze:20180811225901j:plain

鍵は2個付属。

f:id:glorydaze:20180811225923j:plain

赤いボタンを押すと底面のロックが外れます。
普段は使用しないけれど、原付にリアボックスを取付・取外しするときだけ。

f:id:glorydaze:20180811225937j:plain

鍵を外して、開閉レバーを引き上げるとロックが外れます。

f:id:glorydaze:20180811230008j:plain

リアボックスの中には
①取扱説明書
②ベースプレート
③ペースプレート蓋
④固定ボルト
が入ってます。
工具が無いのが残念ですが、持ってる人には逆に困るかも。

 

リアボックスの取付方法

f:id:glorydaze:20180811230021j:plain

ベースプレートを裏から見た図。
この固定金具を原付のリアキャリアに合わせて配置させます。

f:id:glorydaze:20180811230031j:plain

ベースプレートを上から見た図。
この金属板を原付のリアキャリアがくる場所にはめて、その上からボルト締めします。

f:id:glorydaze:20180811230042j:plain

ベースプレートを真ん中として、ボルトと金属板が上側(左の二つ)、固定金具とナット(右の二つ)が下側に来るように取り付けます。

f:id:glorydaze:20180811230119j:plain

工具は家にあった六角レンチとナットを押さえるためのラジオペンチを使用しました。

f:id:glorydaze:20180811230129j:plain

実際に取り付けてみました。
夜に作業すると、近隣の家やアパートの住人からあやしまれるので注意です。
できるだけ安全な男をアピールしながら作業しましょう。

f:id:glorydaze:20180811230140j:plain

こんな感じでベースプレートとリアキャリアの位置関係を見ながら、どこに固定金具を配置するかを考えて作業します。

f:id:glorydaze:20180811230150j:plain

ナットが結構抑えづらかったです。

f:id:glorydaze:20180811230201j:plain

雨の中、完成しました。
が、逆に付けていたことが判明し。。。

f:id:glorydaze:20180811230214j:plain

正しい向きで付けることができました。

f:id:glorydaze:20180811230237j:plain

リアボックスの取付も、ベースプレートの爪に引っ掛けてしまうだけで取付は簡単だった。

f:id:glorydaze:20180811230347j:plain

朝、改めて見てみると、黒い車体に黒いリアボックスがまあまあ合っている。
原付だけが許される、ダサかっこよさかもしれない。

f:id:glorydaze:20180811230350j:plain

でもこの位置から見ると、シルエットがダサくなる。
でもメットも入るし容量的には相当アップしました。