GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【映画】大人になることは青春の終わりじゃない『Glory Daze ~旅立ちの日~』

何かにつけて観たくなるB級映画がある

f:id:glorydaze:20150716153146j:plain

[http://photo credit: Cold Street ( #cc ) via photopin (license)]

自分の現状について何となくモヤモヤしているときに観たくなる映画があります。

ベン・アフレックマット・デイモンアリッサ・ミラノマシュー・マコノヒー・・・と出演者には名立たるA級俳優たちが並ぶものの、存在自体を知らない人たちが多いこの映画。

どちらかというとB級映画扱いなのですが、こういった青春臭い映画が非常に好きです。

個人的には進学を悩んだ時期に見て、非常に影響された思い入れのある映画です。

僕を含めた大人になりきれない大人たちにオススメの映画です。

 

『グローリー・デイズ~旅立ちの日~』を観てかつてのおバカな自分を振り返ろう!

この映画は1995年アメリカで製作された、青春映画です。

ベン・アフレック演じる主人公はアート系の大学で学ぶ大学生でもうすぐ卒業を控えています。

同じ寮に住む仲間達もそれぞれ卒業し、これからは別々の道を進むことになっています。

そんなある日、昔付き合っていた女性が別の男と一緒にいる所を見てしまうのです。

卒業し社会へ旅立つこと、仲間たちとの別れ、元カノへの断ち切れない未練も相まって、彼はこのままあと1年卒業を延ばそうと同じ寮の仲間たちに提案します。

みんなは盛り上がり、昔やっていたバンドも復活させてこれから1年、また楽しいことばかりの生活に戻る予感がするのですが。。。

といったお話しです。

グローリー・デイズ~旅立ちの日~

製作年:1995年

製作国:アメリカ

原題:GLORY DAZE

監督:リッチ・ウィルクス

製作:クリス・ムーア、アーロン・M・ウェインバーグ、ウィリアム・ウッドワード

脚本:リッチ・ウィルクス

撮影:クリストファー・テイラー

音楽:ライア・ボラック

出演:ベン・アフレックマット・デイモンアリッサ・ミラノマシュー・マコノヒーサム・ロックウェル、ミーガン・ウォード、フレンチ・スチュワート、ジョン・リス・デイビス 

あらすじ

ベン・アフレックマット・デイモンなど、現在ハリウッドで大活躍中の豪華スター共演による青春ドラマ。大学卒業を間近に控えたジャックと5人の仲間たち。卒業後の生活に戸惑いを感じている彼らは、卒業を1年引き伸ばし、楽しい日々を続けようとする。

グローリー・デイズ 旅立ちの日 - ツタヤ ディスカス/TSUTAYA DISCAS - 宅配DVDレンタル

 

この映画のココがオススメ!

1.いまや著名な俳優たちの若かりし演技に注目

いまや有名俳優となったベン・アフレックマット・デイモン(チョイ役で一瞬しか映っていないw)をはじめ、アリッサ・ミラノマシュー・マコノヒーサム・ロックウェルなども出演しています。

Ben Affleck

ベン・アフレック - Wikipedia

Matt Damon

マット・デイモン - Wikipedia

Matthew McConaughey

マシュー・マコノヒー - Wikipedia

Sam Rockwell

サム・ロックウェル - Wikipedia

若さあふれる彼らの演技を見るのも楽しみの一つです。

ベン・アフレックのウドちゃんぽい髪型を当時真似しようとしたのはいい思い出。

2.大学寮のモラトリアムな雰囲気とおバカな青春

彼らはとりたてて優秀な大学ではなく、アート系の大学で特に将来の展望もない。

寮に住む仲間と毎日おんなじ様におバカを重ねている。

ビール飲んでピザ食って遊園地に行って女の子の事でアレコレ悩んで。

そんなモラトリアムな日々に憧れを抱いて仕方がない。

僕のオススメはアジア系の「スロッシュ」です。

3.「青春の終わり」と「大人になること」

この映画では、卒業が迫り来る日々の葛藤と、過去に付き合っていた恋人との断ち切れない未練や決別が描かれています。

どちらも根底にあるのは新たな環境への変化、それに対する恐怖や抵抗なのでしょうか。

こういった悩み・葛藤はどこの国でも普遍的なものなのだなぁと感じました。

 

まとめと思ったこと

・今や著名な俳優の若さ溢れる演技とおバカなキャラに注目!

・卒業や別れ、大人になることの不安を描いた最高なB級映画だ!

・ここからブログ名を戴きました!