GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

PLANTRONICS『Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70』イヤホンマイクはツーリングにも1人の家事作業にも最適。

複数人で会話するにも、1人音楽を楽しむにもにうってつけのイヤホンマイク

f:id:glorydaze:20190329233201j:plain

数ヶ月前に2度ほど原付とバイクでキャンプにいきました。
1度目は乗車中のコミュニケーションが取れず、なかなか苦労した部分がありました。
なぜなら、走行中に何か話す場合は、赤信号で止まった際に前にいる友人に大声で話すという方法だけだったので。
それがめっちゃ不便に感じていて、イヤホンマイクを購入しようという話になりました。
そこで今回、PLANTRONICS製の『Bluetooth ワイヤレスヘッドセット』を購入しました。
個人的には、購入して大正解でした。
その理由としては、ツーリング時に下らない会話、トイレ休憩、コンビニに寄るかどうか、昼ごはんをどうするか、道を間違えたなどの情報などがリアルタイムで伝わるのが本当に便利だったからです。
そういった便利さとともに、移動中の楽しさがめっちゃ広がったと感じました。
 

PLANTRONICS『Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70』

f:id:glorydaze:20181114155528j:plain

僕が購入したのは「M70」というもの。
価格も3000円程度で、イヤホンマイクのスタンダードな入門編といったところ。
上位機種には「Explorer 80」「Explorer 500」というのもあります。

f:id:glorydaze:20181114155548j:plain

裏面に記載があるように、
・多言語対応
  日本語、英語、韓国語から選択できる
・節電モード
  バッテリーを最大6ヶ月間持続
・音楽やメディアの再生
  イヤホンだけでなく、音楽も再生可能
   ※これが後に超便利だと分かった
・安定したフィット感
  ヘルメットの中でも動かず、落ちず良好でした
などなど、非常に多機能です。

f:id:glorydaze:20181114155607j:plain

中身は以下のとおり左から
・取扱説明書
・イヤーチップ(耳にはめるシリコン製の柔らいもの)
・ワイヤレスヘッドセット本体
・充電ケーブル
となっており、非常にシンプル。
開けてすぐに使えます。

 

本体(+イヤーチップ)詳細

f:id:glorydaze:20181114155635j:plain

本体にイヤーチップを取り付けたところ。
イヤーチップは細かい角度で回せるので、自分の好みに耳とヘッドセットの角度を調節できます。

f:id:glorydaze:20181114155621j:plain

正面の黒い部分を押すと、着信に対して通話ができるようになります。

f:id:glorydaze:20181114155730j:plain

側面には電源のON/OFFスイッチ。

f:id:glorydaze:20181114155656j:plain

もう片方には音量大小のスイッチがあります。
コレを両方押すと、音楽の再生/停止にもなります。

 

シチュエーション別のオススメ・不向き・注意点

・原付、バイク、車(複数人)
移動中に装備することで、連絡や会話が非常に快適・便利になります。
・原付、バイク、車(1人)
音楽を聴いたり、目的地までナビのアシストを受けたりするのが便利です。
・家の中
料理や洗濯などの家事を行う際も、携帯電話は充電しながら音楽・ラジオが聴けるのがめちゃめちゃ便利です。
個人的にはコレだけでも買ってよかったと思える点です。
・ランニングなどの激しい運動
ヘッドセットが外れる危険があります。
ウォーキング程度なら問題はないです。
・音質を楽しみたい人
音質はそれほど良くはないです。
また片側だけなので、音楽を両耳でしっかり聞きたい人にも向かないです。
 

オススメ・便利な点

・電池長持ち11時間
電池はフル充電から11時間と、かなりの長時間持つのでツーリングやドライブでも非常に便利。
・マイクは耳の傍にあるのに結構音(声)を拾ってくれる
購入時はモノの小ささに、ツーリング中の声を拾ってくれるのか心配だった。
しかし全く問題なく会話でき、バイク・原付ツーリングで力を発揮してくれた。
・会話+ナビ音声が超便利
携帯電話の機能で「ナビ音声」がありますが、目的地を設定してそれを起動させたまま、LINEなどで仲間との会話をつなげます。
すると会話も出来るし、要所要所でナビがアシストしてくれます。
コレが本当に便利で、買ってよかったと思ったところです。
・値段安くて入門的にオススメ
3000円を切る値段で売っているお店もあるので、気になるけどって人にはオススメです。  

イマイチ・注意点

・イヤホンマイクより携帯の電池消耗が心配
コレはイヤホンマイクが悪いという話ではないですが、ツーリング中にずっと使用することで携帯電話の充電が消耗してしまいます。
キャンプやツーリングなら、確実に充電器が必要ですね。
・ヘルメットをかぶるのが若干コツいる
耳にはめたままヘルメットをかぶるのはコツがいります。
コンビニ休憩などでメットをはずすときも、ヘッドセットが落ちないように注意が必要です。
iphone以外だと相性悪い機種もありそう
ツーリングの際にはiphone以外の携帯電話を使用している人もいて、彼だけ通話・音声が途切れる場合がありました。
相性があるのかもしれませんので注意してください。