GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

限りなくシンプルな時計。±0プラスマイナスゼロ『ウォールクロック』が壁に溶け込む。

白一色のシンプルな時計がお気に入り

f:id:glorydaze:20180819102447j:plain

年末に掃除をしている時に、以前使っていた壁掛け時計を落としてしまいました。
ガラスカバーがあったため、ガラスがカーペットに砕け散って大変なことになりました。
そのあと時計を探すに当たって、①ガラスカバーのないもの②シンプルで主張しないものを基準に探しました。
そこで今使っているのが、この±0(プラスマイナスゼロ)の『ウォールクロック』。
僕の家は壁が白なので時計も白を選びましたが、他にも茶色、オレンジ等数色のカラバリもあります。
このメーカーは基本的にシンプルな家電や雑貨を多く手がけているので、他にも気になってます。

 

±0プラスマイナスゼロについて

プラスマイナスゼロは家電・雑貨の企画、製造、販売を手掛けるベンチャー企業です。
空間に溶け込むようなシンプルなデザインで人気を呼んでいます。
近年の無印良品のデザインも手がける、深澤直人氏がデザインした加湿器はグッドデザイン賞ニューヨーク近代美術館MoMA)の永久収蔵品に選出されました。
つるんとしたドーナツの様な見た目が加湿器っぽくないそのデザインはどこかで見た人もいると思います。

±0とは | プラスマイナスゼロ

プラスマイナスゼロ | ±0の公式サイト

 

±0プラスマイナスゼロ『ウォールクロック』レビュー

f:id:glorydaze:20180819102317j:plain

箱も至ってシンプル。

f:id:glorydaze:20180819102327j:plain

内容は以下の通り。
①時計
②単3電池1つ
③立て掛け用スタンド
④説明書(写真には写ってません)
壁掛けにも、置き時計にもなるようです。
説明書はありますが、読まなくてもすぐ使用できました。

f:id:glorydaze:20180819102349j:plain

時刻を示すインデックスバーも程よい高さで主張が少なくていい。 

f:id:glorydaze:20180819102408j:plain

裏面。
置き時計にする場合はこのように使用する。

f:id:glorydaze:20180819102418j:plain

壁には引っ掛けるために「忍者ピン」を使用しました。
時計自体が軽いので、このピンに引っ掛ければ問題なく使えます。

f:id:glorydaze:20180819102427j:plain

ロゴの「±0」も控えめ。

f:id:glorydaze:20180819102437j:plain

サイズは直径25cmで一般的なサイズです。
厚みは3.3cmで薄型。
重量は544gと軽量です。

 

数ヶ月使用しての感想

1.壁に溶け込むシンプルさがいい
あまり主張がない時計が欲しかったので、とてもよかった。
個性的なものが欲しい人には向かないけれど、無個性な個性がちょうど良いです。
あと秒針があってコチコチ音のする掛け時計が苦手なので、そこも気に入ってます。

2.意外と時間は確認できる
ちょっと暗いと時間が確認できないかと思ったけれど、意外とそうでもなかった。
真夜中は全く見えないけれど、それは他の時計も同じだろうし。
朝日がカーテンから漏れて時計に当たって、インデックスバーが影を作りながら時刻を表すのが好きです。

3.溝にホコリがたまるかと思ったがそうでもなかった
ガラスカバーがないので、ホコリが結構たまるのかなと思っていましたが、全く問題なかったです。
たまに軽くワイパー等で払えば問題ないです。