GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

今改めて平和や日本について考えたくなる本。飯野賢治『息子へ。』

すべての息子たちへのメッセージ

f:id:glorydaze:20180814103811j:plain

 

この本はゲームクリエイターだった飯野賢治氏が2011年3月11日に発生した東日本大震災のあと、ブログ上で発表したメッセージを加筆・修正したものです。
もともとは彼のブログ「eno blog」にて、原発についての意見を息子さん宛てに書いたものでしたが、大きな反響があったこともあり後に書籍化されました。
誰もがそうだったように、僕もあの頃は大きなショックで毎日不安を抱えていました。
ネットでいろんな記事を読んだり、テレビの情報一つに不安になったりしていました。
そんな折、飯野さんのブログで原発についてのメッセージを見たとき、とても共感できました。
息子に向けて、真摯にわかりやすく伝えたメッセージ。
その中には愛や優しさがあり、彼の哲学をも感じました。
賛成、反対の前に、僕らがどう生きるのか、生きたいのか。
その覚悟を元に決めていくことがあるのではないか、そして何より未来の子供達を見据えた考え方に共感しました。

パパは

「自分の世代よりも先まで影響を与えてしまう

可能性があることには手を出しちゃいけない」

と思っているんだ。

今生きている人が、「その人生を、どう生きるか」というのは

その人の自由だから、少なくとも

それを求める権利はあると思うんだけど

次の世代とか、その先の世代とか、そのさらに先の世代とか

自分の世代より先まで影響しちゃうようなことは

やっちゃいけないと思うんだよ。

「息子へ。」より抜粋

f:id:glorydaze:20180814103819j:plain

毎年夏には終戦日があり、原爆投下された日があります。
そして日本は唯一の被爆国でもあります。
それなのに再び原発の甚大な被害を起こしてしまった。
一人一人が出来ることは小さくとも、この事実を胸に刻み生きることが日本に生まれたものの宿命だと思います。

 

●書籍の元となったブログ
書籍と同様の文章はここで読めます。

eno blog: 息子へ。