GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

世界一辛くて咽せ込む美味さがたまらない。ブレナム『ジンジャーエール』はハードなジンジャーエール好きにオススメ。

 ハードすぎる世界一辛いジンジャーエールがウマイ

f:id:glorydaze:20180803221953j:plain

ブレナム『ジンジャーエール』の存在を知ったのは、藤原ヒロシ著「Personal Effects」の中の記事でした。
エリック・クラプトンがツアーのバックステージの冷蔵庫に必ず置いているらしく、この存在もクラプトンから教えてもらったとか。
クラプトンと交友のある彼の話なので、面白く興味深く読んでいました。
その後、アマゾンでも購入できることを知って、飲んでみたら予想以上に辛くて咽せるほどでした。
しかし慣れてくると、このハードさがたまらなくなってきて、今ではたまの贅沢として楽しんでいます。

 

ブレナムジンジャーエール』について

f:id:glorydaze:20180803221938g:plain

画像は 世界ジュース.com 抜粋させていただきました

ブレナムはアメリカのサウスカロライナ州1903年に誕生した、100年以上の歴史を持つジンジャーエールメーカーです。
世界一辛いと言われているジンジャーエールですが、その辛さと爽快感がクセになり、地元の人々や旅行者、辛い物好きや有名人などの間で、カリスマ的な存在として愛されています。
味は三種類あり、キャップの色で区別されています。

・レッドキャップ:辛口(本記事で紹介しているものです)

・ホワイトキャップ:ダイエット(カロリーオフ)

・ゴールドキャップ:通常味

アマゾンでも売ってますが、代理店があるのでそちらの方が安く購入できます。

 

実際に飲んで飲んでみます

f:id:glorydaze:20180803221943j:plain
これは6本入りタイプ。

f:id:glorydaze:20180803222006j:plain
濃いめの色、瓶のプリントもかっこいい。

f:id:glorydaze:20180803222025j:plain
注ぎ込んだところ。
炭酸のきつさは普通ですが、炭酸の泡がかなり立ちます(ポイント)。

f:id:glorydaze:20180803222048j:plain
この泡を吸わないよう、ゆっくり飲むのがポイント。
急いで飲もうとすると、この辛い泡を吸い込んで死ぬほど咽せます。
鼻から吸い込むとくしゃみで凄いことになります。
飲んでみると、最初は甘めだけどすぐに喉にガツンと来るハードな辛みが来ます。
そのあとで生姜の風味が強く残り、ずっしりとした飲みごたえです。
量は最初少なめかなと思うんですけど、ゴクゴク飲むよりはじっくり味わう感じなので、十分な量だと思います。
氷を入れて少し薄めて飲むのもウマいです。

 

ブレナム『ジンジャーエール』のここがオススメ&イマイチ

◯オススメ◯

1.喉にガッツリ来るハードな辛さと生姜の強い風味がたまらない

大人味が好きな人、辛かったりハードな味わいが好きな人は気にいると思います。

2.ボトル、キャップのオシャレな雰囲気が好き

プリントとかキャップの色とジンジャーの色の組み合わせとか、こういう雰囲気が好きなんですよね。
週末にゆっくりしたい時にちょっとの贅沢って感じでいいです。

△イマイチ△

1.コスト高め

アマゾンだと約500円/本、代理店だと約360円/本で、自販機のジュースと比べると割高です。
僕も毎日飲んでるわけじゃなくて、たまの週末にお楽しみとして飲んでます。

 

まとめと思ったこと

・世界一辛いブレナムのジンジャーエールがハードな辛みでハマってしまった

・炭酸の泡を吸い込むと死ぬほど咽せる、くしゃみ出る

・お値段はちょっと高いけど、たまの贅沢品としてオススメ

 

●ブレナムの正規取扱店

世界ジュース.com