GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【モノ】ゼブラ『マッキーケア超極細』超極細は個人的マッキーの新定番!

最近好きなマッキーケア&超極細

f:id:glorydaze:20170919232802j:plain

仕事、プライベート両方で、細マジックの定番である「マッキー極細」を良く使う。
絵を描いたりデザインが目的でなければ、基本は黒と赤の2色があれば問題ないと思っている。
仕事がら微細なものに記入する場合が多々あり、そんな時にこの『マッキーケア超極細』の存在を知った。
単に「マッキー極細」のもっと細い、『超極細タイプ』ってだけなんだけど、1本持っていると非常に便利に感じる。
どのご家庭にも必ず1本ってほどのものじゃないけど、仕事柄とか細かいところに書き込む必要がある人は1本あると作業が楽になる。
例えばクレジットカードの裏の署名欄は、「マッキー極細」の極細サイズだと細すぎるし細サイズだと太すぎるな、と感じている人にはいい太さだと言える。
 

詰め替えができるマッキーケア

ちなみに「マッキー」と「マッキーケア」の違いは
・マッキー:詰め替え不可能
・マッキーケア:詰め替え可能
であるので、使用頻度が高い人やオフィスだと「マッキーケア」の方が適している。
f:id:glorydaze:20170919234842j:plain
上の写真にあるように、「マッキーケア」は中心のインク部分の補充はできるけど、先端部分は交換できない。
だから先端が潰れた場合は全交換になる。
この辺が注意というか、先端をダメにしやすい人は使い捨ての「マッキー」が向いているとも言える。
※ここから特別な場合を除いて、どちらに関しても一般的な「マッキー」表記で統一する
 

マッキーの太さ細さについて

マッキーの極細、超極細の両端のサイズは次のようになっている。
1.極細タイプ
極細 / 細:0.5mm / 1.0~1.3mm
2.超極細タイプ
超極細 / 極細:0.3mm / 0.7mm
f:id:glorydaze:20170919232812j:plain
つまり『超極細タイプ』の極細サイズ(0.7mm)は、「極細タイプ」の極細サイズ(0.5mm)よりも太い(めっちゃややこしい)。
それで、意外にこの『超極細タイプ』の極細サイズ(0.7mm)が使い勝手がいいのだ。
個人的には『超極細タイプ』の超極細サイズ(0.3mm)と「極細タイプ」の極細サイズ(0.5mm)は大きな違いを感じない。
ただし先端の細さが寿命の短さに比例する可能性はある。
そこまで長く使用していないため、その辺りは未確認だ。
f:id:glorydaze:20170919232852j:plain
上が「極細タイプ」の極細サイズ、下が『超極細タイプ』の超極細サイズ。
 

先端が硬い超極細が使いやすい

従来の「マッキー極細」の先端は、力を込め過ぎると使っているうちに先端が曲がったり、または潰れたりすることが多くて、最後まで使い切れて居ないで終わるって印象が強かった。
僕はインクがかすれて来ると、どうしても気持ち強めの筆圧で書いてしまう癖があるため、それが原因なのだろう。
しかし『マッキー超極細』の極細サイズならば、先端が硬いので潰れることがないのが嬉しい。
f:id:glorydaze:20170919232836j:plain
つまり、「極細タイプ」の細サイズの先端をダメにしやすい人は、『超極細タイプ』を購入して極細サイズを使用したほうが良いと思っている。
細かい作業が多い人は、一度使ってみると気に入ってもらえるかもしれない。