GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【モノ】ティファール『ジャスティン プラス』急速沸騰でお茶に料理に便利

コーヒー用のお湯なら1分でできちゃう便利さ 

f:id:glorydaze:20160907210316j:plain

 一人暮らしを再開して、そんなにお金もなかったので最低限の家電しか購入しなかったんです。

とりあえずカセットコンロでしのいでいたんですが、お湯を沸かすって結構時間がかかるんです。

コーヒーとかお茶とか、結構飲む方なので。

それで、出張の際にホテルでよく使う、速攻で沸騰するポットを購入しました。

この『ジャスティンプラス』はティファール製で一度に1.2Lまで沸騰可能。

ワンサイズ小さいタイプもあったんですが、こちらの方が価格が安かったので、こちらをチョイスしました。

使用して2ヶ月ほど経過しましたが、今となっては料理もする人ならこっちの方が便利だと思いました。

それではレビューしたいと思います。

 

ティファールジャスティンプラス』(カカオブラック)

f:id:glorydaze:20160907205448j:plain

つるっとした外観で、持ち手と水量のメモリが見えます。

 

f:id:glorydaze:20160907205506j:plain

注ぎ口は空きっぱなし。

コーヒー作る際にはそっと注げば細いお湯が出ます。

 

f:id:glorydaze:20160907205526j:plain

上ブタを開くと、シンプルな内側です。

掃除しやすい広い口。

 

f:id:glorydaze:20160907205717j:plain

注ぎ口にはフィルター付きで、取り外し可能です。

 

f:id:glorydaze:20160907205545j:plain

給電部分。

加熱中にポットを外すとスイッチOFFになるので便利。

 

f:id:glorydaze:20160907205604j:plain

加熱・沸騰中はランプONでわかりやすい。

ゴポゴポ音がしているので加熱中はそれとなくわかりますけどね。

 

f:id:glorydaze:20160907211834j:plain

沸騰完了するとランプOFFになります。

 

沸騰に要する時間を実測してみた

沸騰までに実際どれくらい時間がかかるか把握するため、実際に計測してみました。

①200ml

f:id:glorydaze:20160907205831j:plain

見えづらいけども200ml。

 コーヒーとかお茶の場合、だいたい200mlです。

 

f:id:glorydaze:20160907205701j:plain

結果は1分半くらいでした。

コーヒーの準備してるとだいたい沸騰してます。

 

②500ml

f:id:glorydaze:20160907205753j:plain

カップ麺とか、カップ焼きそばとか作る際にはこれぐらいのお湯かなと。

 

f:id:glorydaze:20160907205809j:plain

結果は2分半でした。

 

③1L

f:id:glorydaze:20160907205851j:plain

麺を茹でたりスープを作る際はこれくらいの量ですね。

 

f:id:glorydaze:20160907205907j:plain

結果は4分半でした。

早い。

 

④1.2L

f:id:glorydaze:20160907205933j:plain

最後に、最大の1.2Lを計測しました。

 

f:id:glorydaze:20160907205952j:plain

結果は5分半。

1Lの時に比べてパワーダウンな印象だ。

 

ここがオススメ&注意

◎オススメ◎

1.スイッチ一つで簡単安全

 何も考えなくても使えます。

加熱中にポットを外すとスイッチOFFになるし、ガスでお湯を沸かすよりもとにかく楽です。

2.麺やパスタを茹でる時にも使える

お水から調理するものなら別ですが、沸騰したお湯から調理するモノ(麺類やボイルなど)ならコレで沸騰させた方が早いです。

なので、アラフォー料理男子ならば1.2Lの方がオススメかなと。

感覚ですが、ガスコンロで沸騰させるよりも時間短縮になってます。 

!注意点!

1.初期の匂い

プラスチッック系の匂いが気になります。

使用前に10数回、沸騰させては捨ててを繰り返しました。

初期はヤバいかなと思ってましたが、いつの間にか気にならなくなっていました。

2.ブレーカー落ちに注意

おそらく冷蔵庫や電子レンジと同じ電源ラインで使用すると思うのですが、その場合電子レンジと併用するとブレーカーが落ちる場合があります。

3.カカオブラックは純粋な「黒色」ではない

 黒だと思って購入すると、微妙に違います。

濃い紫+焦げ茶色のような色です。

 

2ヶ月ほど使用してみて、毎日のように使っていますが、非常に役立ってます。

コーヒーにはもちろんですが、麺類を茹でる際に本当に時短だと感じてますね。