GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【雑記】スタージョン・ムーン

f:id:glorydaze:20160826032647j:plain

[http://photo credit: Last night's Strawberry moon via photopin (license):title]

月が赤い時がある。
赤くて低くてなんだか大きい月の夜がある。
小さい頃の事、そんな時は何故だか不安になった。
何か悪い事が起こるのではないのか、と。

 

そして時折、母親もいつかは死んでしまうのだと考えると怖くなった。
明るい母親は唯一、家の中で輝く太陽のような存在だった。
彼女が子宮の病気になって入院した時、毎日神様にお願いをした。 
夜眠れずにいると、道路を掃除する車が家の脇を通った。
2段ベッドから降りて、窓から外を見ていた。
世の中には色んな役割をする車があって、夜遅くにも働いている人がいるのだと思った。

 

その頃、狭い集合住宅に住んでいた。
僕の通う小学校へは、ほとんどの生徒がその集合住宅からだった。
でも、その中でも確実に貧富の差があった。
純粋が故にその現実を見逃さなかった。

 

外には普通に野良猫がいた時代だ。
飛べなくなった鳩がいて、みんなで自転車置き場に隠して飼っていた。
ファミコンのカセットをめちゃくちゃ持ってるだけの理由で人気の奴がいた。
婆ちゃんの財布から金を毎日抜きまくって学校で大問題になった奴がいた。
その金で駄菓子を食いまくっていた僕たちがいた。
その鳩の存在は、いつしかすっかり忘れていた。

 

集合住宅の中心にあった大きなスーパーはもう潰れてなくなってしまった。
毎日通っていたおもちゃ屋のおじいさんも死んでしまった。
連絡を今でも取ってる友人はいない。
仲良くしていた同級生は数年前に逮捕されたとニュースで知った。
あんなにずっと出たいと思っていた実家も、引っ越してもうそこには無い。
僕はもう、おそらくあの町に帰ることは無い。