読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【暮らし】人生を熱く爆発させたい人必見。『岡本太郎記念館』に行ってきた。

とある日、都内で、岡本太郎先生に出会った

f:id:glorydaze:20160506201704j:plain

以前から行きたいと思っていた『岡本太郎記念館』へ行ってきました。

以前、太陽の塔ロボが欲しいとブログで書いたのですが、最近メンタルの調子が悪いので、元気というか、熱く人生を生きた先生の作品に触れたくなったのです。

 あとはオードリーの若林さんもラジオで記念館に行ったことを以前トークで触れていたので、それもあって行きたかったんです。

 

岡本太郎記念館

この『岡本太郎記念館』は、芸術家の岡本太郎氏が生前に住居兼アトリエとして使用していたところを改装して作品を展示してあります。
太陽の塔」「近鉄バッファローズの帽子デザイン」「芸術は爆発だ」などで有名な岡本太郎先生についてはご存知の方が多いと思いますが、著書も有名で、僕も「自分の中に毒を持て」には非常に影響を受けました。
熱く生きたい人は必読です!
 

都内で簡単に岡本太郎作品を見ることができます

f:id:glorydaze:20160506202709j:plain

場所は都内の「表参道」駅より徒歩10分未満でした。
場所も後述しますが、非常にわかりやすかったです。

f:id:glorydaze:20160506202212j:plain

出口は表参道A5またはB1から。

表参道はやたらとオシャレな街で、プラダの店舗がやたら目立っていましたね。
記念館にはカフェが併設されており、道から看板が見えます。

f:id:glorydaze:20160506202440j:plain

一度入場券を購入すれば、途中外出したり、再入場も出来るそうなので、カフェで一息というものいいと思います。

あと入場券はネットでダウンロードして印刷、持参すればチョイ割引で入場することができますよ。

インターネット割引券 http://www.taro-okamoto.or.jp/images/taro-coupon.pdf

 

記念館には所狭しと作品がいっぱい

f:id:glorydaze:20160506202235j:plain

記念館の正面の壁にも岡本太郎の絵っぽいものがあります。
入ってすぐの庭にも作品がいっぱいです。

f:id:glorydaze:20160506202745j:plain

2階のベランダからは太陽の塔クンが見えます。

f:id:glorydaze:20160506202827j:plain

中はそこまで広くなく、1階はアトリエと作品、物販エリア。2階は作品展示エリアです。
じっくり見ても1時間もあれば全部見られます。
僕は1階にあるアトリエの中を見た時、非常に強いエネルギーを感じました。

f:id:glorydaze:20160506202910j:plain

入り口までしか入れませんが、すぐさっきまで使っていたかのような雰囲気を残しており、巨大な画板が無造作に並んでいます。
その横にはピアノが置かれ、制作活動の合間に弾いたのかと想像されます。

f:id:glorydaze:20160506203052j:plain

「座ることを拒否する椅子」は実際に見るとコミカルさも有って、マリオの敵みたいでした。

f:id:glorydaze:20160506203338j:plain

1Fの作品群の中に、岡本先生(模型)が!

これは先生自身の作品なのでしょうか、ちょっと不明でした。

f:id:glorydaze:20160506203407j:plain

 

 沢山のグッズは太郎マニア垂涎

1階にあったガチャガチャ「コップのふちこ」さんの岡本太郎バージョンが熱かったです(400円/個)。
結構皆さん買われていて、中身も少なくなってました。
1個400円、高いっす。

f:id:glorydaze:20160506204030j:plain

僕が欲しい変形する太陽の塔ロボがありました!
あとは太郎フィギュアが結構ありました(あんまり似てない)。
その他、著作物や写真集、DVDなど、ここに来れば大体抑えられるのではないでしょうか。
 

作品を見た後はカフェで一息

f:id:glorydaze:20160506204626j:plain

オードリーの若林さんもラジオのトークでカフェに入ったと言ってたので、僕も入ってみました。
男性には注意ですが、がっつり系の食事はないです。
ケーキ、パンケーキ、クッキーなどとコーヒー、紅茶など。
なので昼食としてがっつり食べたい人は、外に出て探した方がいいですよ。
 

その他作品もついでに見た!

f:id:glorydaze:20160506203206j:plain

表参道から渋谷へ戻った際、渋谷駅にある巨大な壁画作品も見てきました。
あまり知る人が居ないみたいですが、「明日の神話」という3メートルくらいある壁画が渋谷駅にあるんですよ。
こうやって思うと、都内で岡本太郎作品を見ようと思えば1日でじっくり堪能できるという事が分かりました。
非常に濃く、充実した日になりました。
熱く爆発したい人は是非行ってみてください。
 

まとめと思ったこと

・表参道にある岡本太郎記念館へ行った
・熱い作品に心動かされ、太郎オブジェに一瞬ビビる
・カフェで休憩後、渋谷駅に戻った際は「明日の神話」の壁画も見ればパーフェクト
 
★オフィシャルサイト・アクセス・情報★
開館時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28~1/4)及び保守点検日
観覧料:一般 ¥620(¥520)、小学生 ¥310(¥210)
※( )内は15人以上の団体料金
住所:〒107-0062 東京都港区南青山6-1-19 
東京メトロ【銀座線】・【千代田線】・【半蔵門線】 『表参道』駅より徒歩8分
都営バス(渋88甲系統)【新橋駅前行】【渋谷駅行】 『南青山六丁目』下車徒歩2分
TEL:03-3406-0801
FAX:03-3409-5404

 

★関連記事★