読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【音楽】AVANTASIA 6thアルバム『Ghostlights』♪ 豪華なゲストミュージシャンを束ねるトビアス・サメットの作曲能力が冴えわたる力作♪

音楽

ビアス・サメットのメタルオペラプロジェクトは今回も爽快!

f:id:glorydaze:20160217095102p:plain

ドイツのメタルバンド「EDGUY」(エドガイ)のボーカルであり、フロントマンであるトビアス・サメット(トビー)のプロジェクト『AVANTASIA』(アヴァンタジア)の新作が発表されました。

このAVANTASIAはトビーが中心となり、様々なヘビーメタル、ハードロックバンドのメンバーをゲストで迎えて製作され、その豪華なゲストとメタル・オペラと形容されるミュージカルのような世界観、楽曲の良さが人気となり、これまで6枚のアルバムがリリースされてきました。

最近では「EDGUY」よりもコッチの方が評判がよろしいのか、ハイペースでリリースされていますね。

毎回インタビューで今回が最後のプロジェクトになるという話をする割に、このように数年スパンで新譜が発売され、ツアーも組まれるのはやっぱり売り上げとして結果を残しているからではないかと予測されます。

僕としてはマイケル・キスクとヨルン・ランデが歌うパートが有ればそれだけで嬉しいんですけどもね。

今回もゲストヴォーカルにはマイケル・キスク(ex HELLOWEEN)、ロニー・アトキンズ(PRETTY MAIDS)、ヨルン・ランデ(ex MASTERPLAN)等豪華ゲスト勢ぞろい。

そして何と、今回はジェフ・テイト(ex Queensrÿche)もゲスト参戦です!

僕が購入したアルバムは初回限定盤の2枚組であり、2枚目は前回ツアーのライブアルバムという構成でして、こちらも聴きごたえ十分でした。

Ghostlights:鬼火、火の玉という意味を持つアルバムタイトルが表すメタルオペラワールドを体感するため、早速聴いてみました。

 

AVANTASIA 6thアルバム『Ghostlights』

f:id:glorydaze:20160217111033j:plain

◆アルバム曲目

1枚目

1. Mystery of a Blood Red Rose
2. Let the Storm Descend Upon You
3. The Haunting
4. Seduction of Decay
5. Ghostlights
6. Draconian Love
7. Master of the Pendulum
8. Isle of Evermore
9. Babylon Vampyres
10. Lucifer
11. Unchain the Light
12. A Restless Heart and Obsidian Skies
13. Wake up to the Moon" (Digibook edition bonus track) 

2枚目

1. Spectres
2. Invoke the Machine
3. The Story Ain't Over
4. Prelude
5. Reach Out for the Light
6. Avantasia
7. What's Left of Me
8. Dying for an Angel
9. Twisted Mind
10. The Watchmakers' Dream
11. Another Angel Down

◆リリース:2016年

◆スタジオ:ゲイト・スタジオ

◆レーベル:ニュークリアブラスト/ マーキー・インコーポレーテッド

◆プロデュース:サシャ・ピート、トビアス・サメット

◆メンバー

Vo:トビアス・サメット
Gt:サシャ・ピート
Ba:トビアス・サメット
Dr:フェリックス・ボーンケ
Key:トビアス・サメット、マイケル・ローデンバー

◆ゲスト

Gt:ブルース・キューリック、オリヴァー・ハートマン
Vo:ヨルン・ランデ、マイケル・キスク、ディー・スナイダー、ジェフ・テイト、マルコ・ヒエタラ、シャロン・デン・アデル、ボブ・カトレイ、ロニー・アトキンズ、ロバート・メイソン、ハービー・ラングハンズ

 

レビューその他もろもろ

まずは、まだまだトビーの頭髪が残っていた事に一安心でした。

トビーはマイケル・キスクカイ・ハンセンをリスペクトしすぎて、頭髪の状況まで似てきていたのを前から心配していたのです。

f:id:glorydaze:20160217104048p:plain

アルバムは前に比べて分かりやすく、明るいのにダークというメタル・オペラの世界がしっかり現れています。

もうミュージカル!って感じの曲も有って、トビーの作曲能力の高さを感じます。

個人的に前アルバムに比べて好チューンが多いです。

1曲目はミドルチューンから大合唱で気持ちの良い始まり。

2曲目は12分もある大作で聴きごたえ十分。

5曲目はイントロだけでガッツポーズなまさにマイケル・キスク向けの曲って感じ。

ホントこういう曲作らせたら今一番なんじゃないでしょうか。

…終わり方が微妙ですけども。

9曲目の跳ね跳ね具合が良いです。メイソンの声も合ってますね。

12曲目の絵が浮かぶようなエンディングにふさわしい曲も好きだ~。

ボブ・カトレイの声ってこういう雰囲気の曲に合いますね。

もうお爺ちゃんなのに、何て声がでるんだろうか、この人は!

メタル界の小澤征爾みたいだ。

そして13曲目のボーナストラックまで侮れない出来。

EDGUYにもこれくらいのパワーを費やしてもらいたいと期待しています。

 

2枚目のライブアルバムも非常に良かったです。

マイケル・キスクエリック・マーティン、ロニー・アトキンズが一緒に歌っています。

曲間のアナウンスではやはり「マイケル・キスク」は「ミヒャエル・キスケ」と紹介されるのだなぁと感じたり。

キスケって、「喜助」って聞こえて日本ぽい感じで何だか脱力感なんですよね。

でも今の彼のルックスならば、喜助って感じでもいいかなぁ。

 

★オススメ曲★

#1. Mystery of a Blood Red Rose

#5. Ghostlights

www.youtube.com

 

☆AVANTASIAオフィシャルサイト☆

Tobias Sammet :: Avantasia :: Official Web