読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【雑記】懐かしの『EXTREME』♪掃除中に発見した20年以上前の青春

雑記 音楽

部屋のゴミを処分がはかどらない

f:id:glorydaze:20160201095637j:plain

最近再び、部屋のゴミを処分しています。

ゴミではないけども、もう使用しないものや、データ化で十分なモノに関しても処分対象としています。

でもふとした瞬間に懐かしいものを見つけてしてしまうと、手が止まってしまうんですよね。

僕がそうなりやすいものは、映画やライブ等のパンフレット、一人旅で行った場所のチラシ等なんです。

そんな中、僕が初めてライブに行った時のパンフレットが発見されまして、テンションが上がってしまいました。

 

高校の僕は今と同じく友達が居なかったぜ

あれは20年以上前、高校生だった時です。

僕は楽器もやらないのに、非常に洋楽が好きだったんです。

ジャンルでいうと、ハードロックやヘビーメタル

その頃はバンドブームで、クラスでも楽器をやっている人たちは沢山いたんですが、基本邦楽のコピーでした。

LUNA SEAとか、ミスチルとか。

なので僕が彼らと交流することは無かったのですが、そういうバンドマンの中でもテクニカル志向というか、もっと技術を高めたい!という人がいまして、ギターだともっと速弾きしたい!みたいな人ですね。

そういう人が洋楽が詳しい僕を訪ねてきたりして、人見知りな僕はキョドって何も話せず終わるなどありました、、、今ではいい思い出です。

 

全米1位を取るも失速していった『EXTREME』

エクストリームはアメリカのバンドで、ハードロック寄りのメタルバンドという位置が正しいのでしょうか。

当時はファンクとメタルを融合させた、「ファンク・メタル」なるカテゴリに属していましたが、彼ら以外でファンク・メタルのバンドって聴いたことが無いんですよね。

でも確かに名盤である2ndアルバム「PORNOGRAFFITTI」なんかはファンキーなメタルって感じで、今でもたまに聴いてもとてもいいアルバムだと思います。

ただ彼らの不幸は、その2ndのバラード曲「More Than Words」が全米1位のヒットとなったため、何というかメタルよりもバラードや売れ線を求められてしまったことじゃないかなと思ってます。

そして3rdアルバムは2ndを超えることなく、印象が散漫なテイストの作品になり、段々と失速していきます。

しかし元々みんな才能が有ったし、ギターもソロ活動などしたり、ヴォーカルも一時ヴァン・ヘイレンに加入したりと、解散後もそれぞれ好きなことをやっているようで、それはそれで良かったのかも知れないですけどね。

www.youtube.com

EXTREME(エクストリーム)

1985年にドリームというバンドにいたゲイリー・シェローンとポール・ギアリーがヌーノ・ベッテンコートを勧誘し加入させ、バンド名をエクストリームに改め活動を開始する。その後1986年とその翌年の1987年と2年連続でボストン・ミュージック・アワードの最優秀ハード・ロック/ヘヴィ・メタル・アクトを受賞し、89年5月アルバム『エクストリーム』でデビューする。エクストリームで一番の代表曲は "More Than Words"で、バンドはこの曲でBillboard's Hot 100にて全米1位に耀いている。
前述の通り、このアコースティック・バラード・ソングである"More Than Words"が特に有名だが、基本的にバンドのサウンドはハードロックを基調としながらも、16ビートを刻むファンクの要素を取り入れた楽曲が主。 ファンク・メタルという新たなカテゴリーに括られることも多くそれはレーベル名とも成った。 テクニカルなヌーノのギターから繰り出されるリズミカルかつメロディアスなサウンドと、シェローンのパワフルなヴォーカルスタイルが特徴的である。

エクストリーム (バンド) - Wikipedia

 

僕の初ライブはEXTREMEでした

で、そのころ洋楽好きなベースをやっている、悪そうなヤツ大体友達系の友達が居ました。

いや、正確には友達というか、お互い友達が居ない奴らの集団の中の1人だったんですが。

彼は兄の影響で洋楽好きだったのですが、彼から『EXTREME(エクストリーム)』のライブに誘われたんです。

僕は中学の頃に彼らのアルバムを聴いていたので、是非行きたいと思い、一緒に行きました。

武道館、めっちゃドキドキしながら行きました。

チケット代、高校生には高かった。

お客さんで、「ヌーノ!!!」(ギタリストのヌーノ・ベッテンコート)を大声で連呼する人がいて、観客がみんな笑ってたな。

メンバー、遠すぎて小さすぎた。

マジで全然見えなかった。

なのに、めっちゃ光り輝いていました。

そんなことをゴミだらけの部屋の中で考えると、20年てあっという間だなぁと。

いや、ほんとあっという間なんですよ。

だから、20年後に今を振り返ったとき、凄い後悔しないようにと、改めて感じましたね。

 

f:id:glorydaze:20160201095653j:plain

懐かしい。ただただ懐かしい。

f:id:glorydaze:20160201095708j:plain

メンバー若い!今の自分より若いんじゃないかな。

f:id:glorydaze:20160201095727j:plain

ギターのヌーノ・ベッテンコートが好きでしたね。

こんな服が似合う男あまり居ないよ。

f:id:glorydaze:20160201095742j:plain

ヴォーカルのゲイリーはクネクネ動きながら歌う変な人。

ボーカルなのにあまりカッコよくないなぁと当時は思ってました。

f:id:glorydaze:20160201095805j:plain

ベースのパット。全く印象無しでごめんなさい。

f:id:glorydaze:20160201095753j:plain

そしてドラムのマイク・マンジーニ先生です。

この時彼が後にドリーム・シアターに加入することになるとは誰も予想しなかったでしょう。

今じゃ一番の出世頭ですね。

f:id:glorydaze:20160201095817j:plain

良かったことだけ思い出して、やけに年老いた気持ちになる(by ミスチル)

何とも、7000円で武道館のライブに行けた時代だったんですね。

 

☆個人的オススメ曲☆

www.youtube.com