読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【雑記】頭にこびりついて離れないあの子のコト

姪っこが可愛すぎたf:id:glorydaze:20151026120228j:plain

[http://photo credit: 72/365 - She's got me so wrapped around her little fingers via photopin (license)]

先日、両親と久々の再会を果たした。

その際、6、7年ぶりに妹家族にも会った。

glorydaze.hatenablog.com

彼女は結婚式を挙げていない。

お互いの家族間で集まり、新宿のとあるお店で食事会とご挨拶をしただけだ。

その時には、一家で一人だけコミュニケーションに難ありの自分が足を引っ張った結果なのかな?と邪推した。

 

姪っ子が可愛すぎた

5歳になった姪っ子と初めてあった。

照れながらも興味深々に近づいてきた。

幼児特有のお腹がポコっとした体型や、小さい手足なんか見てると、無意識に微笑がこぼれてしまう。

超自然体で生きている様や、無邪気で無垢な様を見ていると、いかに自分が無理して生きているかを考えさせられる。

それにしても女性は総じて不思議だ。

どんなに小さくても、お姉さんのような振る舞いをする。

足で絵本に指差したら怒られてしまった。

 

姪っ子が可愛すぎた

結婚なんて無理さ、俺は一生一人さ、子供に興味はないね、と言っている人ほど子供に触れたほうがいいと感じた。

なんというか、本能を揺さぶられる瞬間があったのだ。

まず、その無邪気さを通じて、自分の失った純粋さについて考えさせられた。

そして、そのか弱さを感じて、大人としてこういった将来に繋がる子供たちに出来ることは何だろう?と自問した。

加えて、その可愛さに魅了され、人間は本能的に子供を育てるように出来ているんだなと納得している自分の意外さに驚いた。

というのも、自分にとって子供を持ったり、子育てすることは苦手だろうし、自分の中に子供って可愛いなと思う気持ちがあるなんて考えていなかったのだ。

近年感じている、自分の生き方がある。

・食わず嫌いを止めて自分からアウェイに飛び込んでみる。

・その結果、合わないものは仕方ないし、合えばラッキー

・そうして自分の経験値を積みながら価値観や生き方の軌道修正をしていく

という部分に於いても、新たな生命体との遭遇ってのは丁度良い機会だった。

 

姪っ子が可愛すぎた

きっと自分の子供だと、責任や教育なんかの意識が介入してきて、そこまで無条件に愛でることは出来ないんだろうとは思った。

まあ、でも、それでも、なかなか良いもんでした。

「俺はもう一生一人さびしく生きていくのサ」

なんて思っている人が居るなら、子供と触れ合ってみて欲しい。

やさしい気持ちになれる。

動きがコミカルでずっと見ていても飽きないし、元気をもらえる。

そして自分がまだまだ若者と思っていても、子供には無邪気に呼ばれると思う。

「ねーねー、おじちゃん」と。