読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【暮らし】ノーモア荷造り!僕の引越し準備がはかどらなかった6つの忌まわしき理由。

引越し準備をしていましたが一向に捗りませんでした

f:id:glorydaze:20151005194802j:plain

[http://photo credit: Moving? Yeah, whatever. via photopin (license)]

この1ヶ月程度、引越し準備をしていました。

引越し準備には色々ありますが、ここで言うのは主に「荷造り」です。

要らないモノを処分し、運ぶモノを梱包するといったやつですね。

僕は実家から出て一人暮らしを始めて10年程になるのですが、惰性で荷物が無尽蔵に増えた今、そこからの引越しは始めての体験でした。

平日会社勤めの人たちが引越し作業をするタイミングに関しては、

・ 基本的に仕事終わりに帰宅後に着手する

・週末にガッツリ着手する

の2種類があると思います。

しかしわかってはいたものの、最後の最後まで全然終わらないという罠に陥ってしまった理由を考えてみました。

 

理由1:仕事終わりはしんどい

帰宅後は普通に疲れており、今から頑張るぞ!というテンションになれなかったです。

というか、平日は普段いつも残業があるため、帰宅して食事して少ししたら寝る準備って感じな訳だし、そこから時間捻出が難しい事にしばらく後になって分かったのです。

これ、引越し準備を行う当初は、何故だか帰宅後に作業時間があると思っていたため、後々平日には殆ど進まないと言うことが分かってくるんです。

急に残業が増えだしたという不幸も重なりましたしね。

 

理由2:週末もしんどい

週末は週末にしか出来ない作業がある訳です。

例えば引越し先の家に用意するモノを買ったり、引越しに伴う契約関係を進めたりと。

平日働いている人は、結局土日にしか出来ないことが沢山あるのです。

そしてそれを優先的に行っていると、結局は平日同様に家のことが出来なくなったのです。

あとは週末くらい・・・っていう悪魔の囁きもありました。

平日も21時~22時くらいに帰宅する訳で、週末はゆっくりしたいという気持ちに負けて、全く作業をしなかった日もありました。

 

理由3:喘息が発症する

個人的な話なのですが、僕は子供の頃から喘息持ちなのです。

1年間で数回程度しか発症しませんが、ホコリが原因なのかこのタイミングで何度も調子が悪くなりました。

喘息で会社を休んでしまったこともあり、踏んだり蹴ったりでした。

ここで問題だったのが、「引越し準備」→「喘息発症」→「作業中断」&「会社から注意」といったネガティブな意識の流れが出来上がってしまった事です。

となると帰宅後に準備をする事を考えると、体調不良になるかも・・・といったネガティブループが現われてきて、更にしんどい気持ちになっていったのです。

 

理由4:まだ必要なモノは梱包できない

当たり前ですが、仕事や生活のなかで毎日使うものはまだ梱包したり出来ない訳です。

そしてそういったモノが実際には結構あった。

例えば僕は古くなったベッド、洗濯機、壊れかけの電子レンジ等をこの期に処分しようと考えていた訳です。

しかしこれらは出て行く直前まで使用する訳で、捨てられないのに端に置いておけない邪魔なモノなんです。

あと仕事の参考書なども、一応もしかしたらという思いで最後までそのままにしました。

 

理由5:梱包したモノを置いておくほどのスペースが部屋にない

モノが溢れすぎていたため、例えばダンボールに梱包して、端においておくためのスペースが確保できませんでした。

元々そこまで広い部屋ではなかったですし、棚やベッドがあったために通路が狭かったんですね。

そうなると、作業場所が限定されるので、作業が捗らないという問題が発生しました。

ダンボールに梱包して壁や端に重ね置いておくなら、最低でもダンボール2箱分の生活で邪魔にならないスペースが必要だと思います。

 

理由6:捨てるなら売ろうというセコい気持ちが作業の邪魔になった

よくあるような、昔の写真を眺めて・・・みたいな思い出に浸る事はなかったのですが、捨てるなら売ってしまおうという気持ちが裏目に出てしまいました。

洋服や家具、CDやDVDを「ZOZO TOWN」や「BOOKOFF出張買取」で売るため、引越し作業とは別に作業時間を要してしまいました。

と言うか、仕事から帰宅後はそっちの方がメインになってしまい、引越し準備作業がおざなりになってしまいました。

glorydaze.hatenablog.com

引越し準備で感じたことは、引越しするモノは「処分するモノ」「中古販売するモノ」「持っていくモノ」に分けて考える必要があるということです。

これを判っていなかったので後々非常に大変でした。

 

今になって思うこととまとめ

予定通り準備を行うならば、引越し準備前期間を設ければよかったと思いました。

ざっくり言えば、引越しを前提にした部屋の片付けです。

無駄なものが一切ないという方は良いとして、一人暮らしの独身男性ならば部屋がごちゃごちゃしている方も多いのではないでしょうか。

今思えば、2ヶ月前から準備を始めて、1ヶ月前には中古販売などの処理と、本当に要らないモノの処分を終えているべきだったと感じています。

・社会人が引越しをする場合、平日帰宅後と週末だけだが、思うように時間が取れないのが現実

・捨てるモノ、中古販売するモノ、残して持っていくモノに分けて進める

・始めは捨てるもの、中古販売するモノをメインにさばいて行く

・ホコリによる攻撃は予想以上なので、掃除をしっかりとこなすことも大事

・しんどいという最大の敵に負けないためには、一気にやろうとしないで少しずつ作業しよう