読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【モノ】小さいのに超光る!ジェントス『スモールキーライト』で暗い足元ピカピカ!

何故だか小型ライトが好きだ

またも購入してしまった、小型ライト。

どんだけ暗闇を照らしたいのだ?という問いかけもあるでしょうが、僕は色々購入して使い勝手を知りたいのです。

前回、「スポットリット」について記事を書きましたが、今回はジェントス製の『スモールキーライト』です。

glorydaze.hatenablog.com

 

ジェントス(GENTOS)では様々なライト製品を販売しているぞ!

調べてみると、「ジェントス」は日本にあるLEDライトやデスクライト等を取り扱うメーカーです。

アメリカのメーカーだと勝手に思ってました。

ライトって軍関係に供給されたりするので、アメリカ製品が強いと勝手に思ってました。

でもコレ、日本製なんですね。

僕は日本のモノづくりが好きだし、日本が元気になって欲しいのでこういうメーカーはとても応援したいです。

バイク関係のライトやテーブルライト等の取り扱いもあるようですので、ご興味がある方は見てみてください。

www.gentos.jp

 

ジェントスの『スモールキーライト』は小さいのに超光る!カッコイイ!

実際に手に取ると、小さいながらしっかりとした作りです。

先端をひねるとスイッチON/OFFできて、それ以上ひねると先端が外れて電池交換できます。

光源の反対側にはフックが付いており、携帯性も高いです。

重さは10gと持っても殆ど重量を感じません。

サイズは4cm弱で小指の先くらいです。

あと形がカッコイイですよね。

GENTOS(ジェントス) スモールキーライト

光源タイプ:φ5㎜白色LED1灯
稼働時間:8時間
使用電池:LR41×4個使用
付属品の一覧追加:LR41×4個、キーチェーン
防滴仕様
重量:10g(電池込み)
本体サイズ:φ13×37.5㎜

SK-10G - ジェントス株式会社|LEDライト、デスクライト、バイクライトなどを販売

 

使用するコストの計算をしてみた

8時間点灯という事で、この製品がどれだけのコストがかかるのか計算してみました。

①本体価格:¥550(定価は¥950)

②電池(LR41×4個):¥46(購入時は電池入っているので¥0)

LR41×10個入りが¥115だったので、それを元に計算しました。

1.購入時のコスト

本体¥550+電池¥0=¥550

時間単価は¥550÷8=68.75

1時間あたり約¥70となります。

2.8時間後(電池交換)

本体¥0+電池¥46=¥46

時間単価は¥46÷8=5.75

したがって1時間あたり約¥6となります。

一例として、夜30分徒歩で帰宅する際に毎日使用するとします。

30分×5日(月~金)=150分=2.5時間

1ヶ月(4週間)=2.5×4=10時間

となるので、1ヶ月で電池交換1回以上する計算になります。

実際は毎日使用しないと思うので、おそらく1ヶ月に1回の電池交換となるでしょう。

となると毎月の費用は、購入して1ヶ月間は¥550となり、

その後は毎月¥46かかることになります。

つまり1年目は¥550+¥46×11=¥1056となります。

2年目からは¥46×12=552となります。

そこまで費用が発生しないようで安心です。

 

このライトのココがオススメ!&イマイチ

1.スモールで見た目が好き

まず見た目が好きです。

小さいのにしっかり作ってあります。

しかも10g!1円玉10枚または100円玉2枚程度と軽すぎです。

2.輝度の高いライト

ライトですので明るさが重要です。

コレは最大光束15ルーメンです。

直視すると目に悪い程の明るさです。

3.8時間連続点灯

長いことは正義だ。

2時間くらいだと、電池の減りが気になるけれど、8時間なら毎日1時間使用しても1週間は安心なレベル。

4.先端が広がり、平面なので縦に置ける

仕事で使用して便利だと思いました。

チョイと下を照らしたいときに、点灯させたままでテーブルに立てておくことが出来たのが作業に便利でした。

5.片手で操作(スイッチON/OFF)できない

やろうと思えば出来ますが、相当やり辛いです。

スイッチONするだけで点灯するライトもありますが、コレは先端をひねってライトをONする仕組み上、両手が必要です。

ちょっとしたことですが不便に感じることもあります。

6.カラビナと相性バツグン、夜の道も安心

元々小さいフックが付いていますが、それをカラビナに引っ掛けて使用しています。

特徴としては、歩いているとちょっと揺れます。

それが夜道にとても良いのです。

腰にカラビナをつけていると、揺れて前方・後方ともに光が照らされるので、前後に存在を伝えることが出来ます。

勿論、「スポットリット」もいいのですが、あれは構造上カラビナに付けてもそこまで揺れないのと、光の明るさがコレよりも弱いです。

ただアレには点滅モードがありますし、様々な色があるという長所もあるため、一長一短です。

僕はリュックに「スポットリット」を付けて、腰にカラビナと共にコレを付けています。

カラビナはこの記事を参考にマネさせてもらいました。

clockworkapple.me

 

まとめと思ったこと

・スモールキーライトが帰宅時の暗闇で便利

・ちょっとした廊下や見えにくい所を照らすのにも便利

・ライトが好きすぎて他にも買ってしまった