読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

【音楽】ジャーマン・メタル元祖の底力。HELLOWEEN 15thアルバム『MY GOD-GIVEN RIGHT』♪

ハロウィンが2年ぶりに新作をリリースしたf:id:glorydaze:20150609181359j:plain

HELLOWEEN(ハロウィン)は「ジャーマン・メタル」の元祖であり、今年で活動30年周年のベテランHM/HR(ヘヴィ・メタル/ハード・ロック)バンドだ。

日本でも人気の根強い「ジャーマン・メタル」という、HM/HRの中の1つのジャンルを確立したバンドで、現在の「メロディック・スピードメタル(通称:メロスピ)」系と呼ばれるバンドは総じて彼らの影響を受けていると思う。

その特徴としては、それまでのヘヴィメタルの中に皆で歌えるような「メロディック」かつ疾走感を伴う「スピーディー」な要素を盛り込んだスタイルで、時にはポップでハッピーな雰囲気すら漂うような曲もあったりする。

だからこれまでのHM/HRに比べて取っ付き易く、加えて彼らのルックスも手伝って女性を含めた幅広いファン層に支持された。

特にハロウィンに代表されるドイツのメタルバンドは、日本人が好みそうなマイナースケールを多用した叙情的なメロディーラインが多く、古くは80年代後半、「Keeper Of The Seven Keys Part1、Part2(邦題:守護神伝)」でここ日本でも爆発的な人気を博した。

その後、雨後の竹の子のようにハロウィン・フォロワーなバンドが幾つも現れては消え、現在に残るものは数少ない。

そう考えるとパイオニアであり現在でも同ジャンルを牽引し続けている彼らの功績は非常にすばらしいことだと思う。

HM/HRジャンルは息が長く、60代で現役のバンドもあったりするけれど、彼らもこのままそうなって欲しいと願っている。

 

HELLOWEEN『MY GOD-GIVEN RIGHT(マイ・ゴッド・ギブン・ライト)』

f:id:glorydaze:20150610010535j:plain

3D特殊パッケージは写真に撮りづらい。

変なバンダナが付いていたけど、これどこで付けろと言うのだろう。。。

このアルバムタイトルは、直訳すると「神に与えられし権利」となり、「何かをするために与えられた然るべき権利」という意味らしい。

誰しもが人生でやりたい事をして好きに生きる自由という権利を持っているんだという、ハロウィンの強いメッセージがこのタイトルの由来だ。

アーティスト:HELLOWEEN

アルバムタイトル:MY GOD-GIVEN RIGHT

発売日:2015/5/27

ディスク枚数:1枚

フォーマット: Deluxe Edition, Limited Edition, SHM-CD
レーベル: ビクターエンタテインメント
収録時間: 73 分
ASIN: B00V6XU23K
EAN: 4988002693498

1. Heroes
2. Battle's Won
3. My God-Given Right
4. Stay Crazy
5. Lost In America
6. Russian Roule
7. The Swing Of A Fallen World
8. Like Everybody Else
9. Creatures In Heaven
10. If God Loves Rock 'n' Roll
11. Living On The Edge
12. Claws
13. You, Still Of War
14. I Wish I Were There【BONUS TRACK】
15. Wicked Game【BONUS TRACK】
16. Free World【BONUS TRACK】

 

メンバー

アンディ・デリス(ヴォーカル): Andreas "Andi" Deris - (Vo)

マイケル・ヴァイカート(ギター): Michael Ingo Joachim Weikath - (G)

サシャ・ゲルストナー(ギター): Sascha Gerstner - (G)

マーカス・グロスコフ(ベース): Markus Grosskopf - (B)

ダニ・ルブレ(ドラム): Daniel "Dani" Loeble - (Ds)

 

往年のハロウィンサウンド、だけれど物足りなさも感じる

今回のアルバムは全編通してハロウィン・サウンドで占められている。

曲は4分程度のものが大半で、ヘヴィでメロディックで少しポップなサウンドだ。

聴き始めた1曲目~3曲目までは確かにいい感じだと思った。

しかし全体的に小粒感があって途中でだらけてくる。

これはかつての名曲「POWER」のようなキラーチューンが無いからだろう。

こういう基本に立ち返ったようなアルバムは往年のファンには嬉しい反面、どうしても名作と比べられがちだ。

30年も活動しているし、過去の作品と比較されるのは仕方ないことだろう。

メンバーも50代だし、才能の枯渇やフレーズの使い回しもあるだろう。

それでも新譜を聴くとき、イントロが流れた瞬間にガッツポーズを取るような、そんなパワフルな名曲を再び作って欲しいと願ってしまうのだ。

www.youtube.com

3曲目のタイトル・トラックである「MY GOD-GIVEN RIGHT」のPV

好きなことをするために

立ち上がって闘うのは

神から与えられた俺たちの権利

「MY GOD-GIVEN RIGHT」より

本作PVを見ると、体が重いのかアンディ・デリス(V)があまり動いていない。

なんだかアンディ・デリスが太った気がする。

いや、結構前からそれは指摘されていたけれど。

加入当時はなんとも甘い雰囲気のイケメンだったのに、今ではずっしりとしたオバちゃんのような雰囲気になってしまった。。。

あの頃から見た目が変わらないヴァイキー(G)は今回も寡黙にギターを弾いているというのに。

この新曲はいかにもハロウィン・サウンドで聴いていてワクワクするけども、どうしても「POWER」の焼き直しに聴こえてしまう。

www.youtube.com

イントロだったり、曲展開だったりが。

これはわざとそういう狙いなのか、どうなんだろう。

「POWER」が入っているアルバム「The Time of the Oath(タイム・オブ・ジ・オウス)」は高校、大学と死ぬほど聴いていたなぁ。

特に自宅から高校までの間のチャリ通で聴きまくり、朝が弱い自分を毎日目覚めさせてくれました。

今の彼らには昔のような溢れる若さはないかもしれないが、メンバーチェンジを幾度も重ね、バンドとして非常に安定してきた印象があり見ていて安心する。

オリジナルメンバーであるマイケル・ヴァイカート(G)とマーカス・グロスコフ(B)

マイケル・キスクという最強のヴォーカルの後任という重圧を撥ね退け、ハロウィン第2期の顔となったアンディ・デリス(V)

若く才能溢れるもう一人のギター、サシャ・ゲルストナー(G)

あまりよく知らないドラムのダニ・ルブレ(Ds)

個人的にメンバー・チェンジは好きじゃないのでこのまま続けて欲しいと思っている。

そしてもう一度、名盤と呼ばれる作品を作ってもらいたい。