GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

漫画

【漫画】1年間無職でいることを決めた主人公の淡々とした日々がジワる。いけだたかし『34歳無職さん』1巻〜8巻

毎日の淡々とした日々とその変化を楽しむ 34歳、バツイチの主人公が前職を辞めたのを機に、1年間無職でいることを決め、その何気ない日々を淡々と繰り返す物語。 とはいえ、その中で離れて暮らす娘や元旦那、友人たちが現れては主人公のディテールがだんだ…

【漫画】すべての真面目男子は必読。新田章『あそびあい』

女子だって全然浮気する生き物なのです 僕にも女性は浮気をしないと思っていた頃がありました。 というか、そうであって欲しいと思っていたのだと、今では思います。 特に今の時代、女性の方が積極的だったり、肉食系だったりと叫ばれますが、それはいつの時…

【漫画】日曜の夕方に読むとツラいかも。松田洋子『好きだけじゃ続かない』

人生すべて、好きだけじゃ続かない。 暗い人生漫画が好きで、以前からよく読んでました。 松田洋子は女版「土田世紀」のような感じが好きなんですが、内容は重く暗いものが多い。 最近また読んだら、結構ずっしりときたので紹介します。 タイトルがすべてを…

【漫画】えんどコイチ著『死神くん』 当時読んでいたようにじんわりと感動。

えんどコイチ先生、今何してるんだろう 30代以上なら覚えているであろうギャグ漫画の「ついでにトンチンカン」。 その作者がジャンプの月刊誌で書いていたヒューマン漫画『死神くん』。 ふと読みたくなり、少し前に再読しました。 文庫版として再販するに…

【漫画】原秀則『冬物語』。80年代の浪人生物語が古くも新しい。

浪人生なのに恋愛して失恋して全然勉強しない話 今週読んだマンガです。 以前、それも高校生くらいに古本屋で買って読んだ覚えが有るのですが、久々に読みたくなりamazonで購入しました。 この春から浪人生になる方もいらっしゃると思いますが、80年代〜9…

【漫画】小山健『死ぬ前に1回やっとこう』。死ぬ前にやりたいかは別として、軽く読める体験漫画としてオモシロ作品

死ぬ前にやりたい事は無いですか? 引きこもりがちな漫画家「小山健」さんが、自身が「死ぬ前に1回やっとこう」という事がらを実行し、それをマンガとしてまとめたものです。 「小山健」さんは下にある写真の方で、そのTシャツにあるようなユルい系の絵を得…

【漫画】ドロドロな人間関係が凄い。手塚治虫『奇子(あやこ)』

黒い手塚治虫作品がよい 少し前に手塚治虫作品の『奇子』を読みました。 非常にどす黒い人間ドラマであり、手塚治虫の他の一面を知りました。 藤子不二夫作品で言うと、F先生ではなく、A先生的な内容でした。 こういう作品も書いていたんですね。 手塚治虫『…

【漫画】絶望が読者の胸を突く。上野顕太郎『さよならもいわずに』

愛する者が居なくなった後を淡々と綴った漫画家のドキュメンタリー この漫画を知ったのは、確かネットか漫画喫茶か何かでオススメされていたからです。 作者の別の作品も読んだことが無く、あまり予備知識無く手に取ったのですが、読んだ途端に圧倒され、一…

【漫画】地味でマニアックなコダワリが試したくて仕方ない!清野とおる『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』1巻

清野ワールドが炸裂! 赤羽に住む人々の由無し事を描き、赤羽付近では「ワンピース」よりも売れている「東京都北区赤羽」で有名な漫画家、清野とおる先生。 山田孝之さん主演の実写版「山田孝之の東京都北区赤羽」ではマスク姿ながら本人も出演されていまし…

【漫画】寄生獣にハマったヤツはコレもハマる!岩明均『七夕の国』

オカルト、考古学、ミステリーが好きなら絶対楽しめるぞ 岩明均先生といえば、映画化された「寄生獣」が有名ですが、先生の作品で一つ選べといわれたら苦しみながらもこの『七夕の国』を挙げます。 連載中の「ヒストリエ」もめっちゃお勧めですけども。 この…

【漫画】キレキレの宇宙人が地球にやってきて悪ふざけするお話☆冨樫義博『レベルE』

冨樫先生の作品にハズレ無し 現在30代~40代であれば学生時代に毎週胸を熱くしていたであろう週間少年ジャンプ黄金時代。 その中でも色々と語り継がれることの多い「幽☆遊☆白書」。 学校の休み時間には皆でジャンプを囲んで、「何で今週は下書きみたいなまま…

【漫画】これからもずっと読み続けるだろう青春群像劇。古谷実『シガテラ』

男子の煩悩と苦悩が知りたければコレを読もう ギャグ漫画界に不動の金字塔を打ち立てた「行け!稲中卓球部」で有名な古谷実先生。 でも僕はそれ以降の悩み多き青春漫画ともいえる作品の方が好き。 平凡で先の見えない毎日を過ごしつつモンモンとした悩みを抱…