GloryDazeDays

日々のワクワクを受信・発信したい。ぼんやりとした日常を楽しく前進していきたい。

スノーピーク(snow peak) 『シェラカップ E-103』何個でも欲しい、ベタに人気なのも頷ける良品。

何個でも欲しくなるシェラカップ

f:id:glorydaze:20190617114604j:plain

キャンプ用の食器として、シェラカップを使用しています。

この形状や雰囲気がなんともキャンプとマッチして、とてもお気に入りです。

直火もOKなので、小鍋代わりやお湯を沸かしたりしてます。

普通にコップ代わり、食器代わりにもなるので、本当に万能です。

 

スノーピーク(snow peak) 『シェラカップ E-103』

<外観・機能など>

f:id:glorydaze:20190617114614j:plain
▲ シンプルなシェラカップだけれど、底にスノーピークのマークがかわいい。
持ち手が短めで、食事を入れたときに持ちやすい。

f:id:glorydaze:20190617114623j:plain
▲ 内側に刻印された「100」「200」のメモリが便利。
軽量カップ代わりにもなる。

f:id:glorydaze:20190617114634j:plain
▲ 重さは106g、メーカー仕様だと108.5gなんだけれど。
ステンレスのシェラカップの一般的な重さかなと。

f:id:glorydaze:20190617114644j:plain
▲ 様々な用途が考えられたので、2個持っている。
1個は食事、1個は汁物用と考えていたので。

f:id:glorydaze:20190617114653j:plain
▲ 重ねれば収納も問題ないです。

<仕様など>

材質:SUS304
サイズ:直径122×45mm
容量:310ml
重量:108.5g

 

シェラカップ アウトドアを代表するカップ 拡大表示 アウトドアを代表するカップ ソロアクティブシーンからファミリー、オートキャンプまで様々なシーンで使いこなせます。 指に掛かりやすいスノーピークオリジナルのハンドル形状をデザイン。開放感ある気持ちの良いフィールドでお気に入りのマイカップで飲むコーヒーは味わい深いものです。 家でもアウトドア気分で飲むのもいいでしょう。 機能 シェラカップ 計量カップ 拡大表示 シェラカップ 持ちやすい 拡大表示 使いやすい目盛 スノーピークのシェラカップは内側に目盛りが付いているので、調理時に計量カップとしても使用できます。 持ちやすいハンドル 持ちやすさを追求して生まれたスノーピークデザインです。

 

特徴・オススメな点

f:id:glorydaze:20190617114702j:plain

1.扱い易さがイイ

ステンレス製ですが軽く、短い持ち手が扱い易くていいです。

持ち手が短いと、内容物を入れたときに重さを感じにくいです(テコの原理ってやつなんですかね)。

2.調理の幅が広がる

キャンプで調理していて便利なのは直火OKな所です。

スープをちょっと暖め直す、焼いたソーセージを入れて保温しておくって時に便利ですよ。

計量のメモリ付きなのも便利ですね。

お米を炊くときは水の分量が大事ですしね。

3.キャンプ用食器としてマルチに対応

皿にもコップにもなるので、いくつか持っていけば食器として役立ちます。

上でも書きましたが、重ねて持ち運べばコンパクト収納なので邪魔になりにくいです。

 

イマイチ・注意点

1.人気で他人のとかぶる、ごちゃまぜになる

何人かでキャンプをした場合、キャンプ道具は結構かぶります。

なので、名前を書くとか、マークを付けるとか、そういった対策をしないとごちゃ混ぜになってしまう場合もあります。

そういう時は、インシュロック(結束バンド)を付けたり工夫してみてください。

2.直火調理した際の火傷に注意

直火OKなのは非常に便利な点ですが、その分加熱されたシェラカップで火傷する可能性もあります。

扱う際は革手袋をつけるなどして、十分注意してください。

記事を読んでよかったら参考にしてみてください■

<参考記事>

camphack.nap-camp.com

徒歩通勤の快楽と苦悩

f:id:glorydaze:20190626090245j:plain
[http://photo credit: Neil. Moralee Eskimo Joe via photopin (license):title]

毎日の通勤は普段、原付を使っています。

道の混雑にも寄りますが、片道20分程度。

そして、たまに徒歩で通勤することがあります。

道の混雑はあまりなく、片道60分程度。

できる限り徒歩通勤をしたいのだけれど、なかなか毎日実行できず。

ただ徒歩通勤できた日は本当に爽快で、朝一から全力で仕事に臨めます。

ダイエットにもなるだろうし、ぜひ続けたいのですが、なかなかそう上手くいかないんですけれどね。

個人的に徒歩通勤に対して思うことを述べてみます。

 

オススメな点

1.朝イチで目が覚める

原付だと出社してもしばらく頭が起きてない感覚ですが、徒歩だとだいたい10分くらい歩いていると目が覚めます。

そして眠さが消えるのがとても気持ちいい。

2.丁度いい運動

徒歩だと片道およそ60分。

これはおよそ6km程度の運動になり、往復で10km以上。

汗だくにもならず(汗ばみますが)、ほどよい運動が通勤だけで賄えるのはお得かなと。

あと60分歩くと考えるより、原付で通勤しても20分は掛かるんだから、実質40分程度の運動で、60分のカロリー消費が出来るって都合よく考えると、もっとお得感が上がりますしね。

3.思考がまとまる

目が覚めてからの会社までの数十分、色々な思考をめぐらせることができます。

今日すべき事、今後の予定、何となく考えていること、そういった事が本当に勝手に整理されます。

4.季節を感じる

季節の匂い、朝の匂い、夕暮れの匂いを感じます。

雨はちょっと残念な気持ちになりますが、それでも季節を感じるのは穏やかで趣を感じます。

5.ダイエットになる

 僕の狙いの一番はコレです。

相当デブった身体を引き締め、なにより健康体に近づきたいと思ってます。

 

イマイチ・注意点

1.急な腹痛で絶望的な気持ちになる

いいことでもあるのですが、数十分歩いていると、何故だかトイレにいきたくなる事が多いです。

朝から歩くことで胃腸が活性化されるのか不明ですが。

それで、コンビニのトイレを探すのですが、通勤ルートにコンビニが数件あるものの、毎回メチャ混みなのです。

この絶望的な気持ちだけはかなりツラいです。。。

2.雨だとまあまあ濡れる(特に靴)

 雨の日は雨具を装備しててもやっぱり濡れます。

そういうものだと割り切ってはいますが、強い雨で靴下まで濡れるとその後の業務でテンションだだ下がりです。

毎回長靴でいけばいいんですが、そこまで強くないだろうと思う日に限って豪雨だったりして。

3.日焼けしがち

車や電車に比べて肌の露出が多いため、どうしても日焼けしがちになります。

気になる人は対策したほうがいいかもです。

 

片道1時間だとどのくらいのカロリー消費ができるか

分速67m、時間60分だとして、

およそ220キロカロリーだということです。

歩くだけでコレは悪くないんじゃないでしょうか。

keisan.casio.jp

 

徒歩通勤を妨げる要因

そんないいこと尽くめの徒歩通勤ですが、それでも全く習慣化できない理由と対策を考えてみました。

これまで何度も挫折している理由はシンプルだけれど、結局は「面倒くさい」に集約される気がします。

1.翌日の睡眠不足、寝坊

徒歩でいく場合、原付よりも全然早く起きる必要があります。

僕の場合、原付だと7:30に対して、徒歩だと6:00~6:30。

コレに眠さが勝ってしまうと起きることができない。

で、起きられた日っていうのは、やっぱり早く寝ている場合が断然多いです。

当たり前ですが早寝が大事だということです。

対策⇒早寝

2.飲酒、夜更かし、準備不足

酒をガッツリ飲んで、そのまま12時過ぎに寝た日は、翌日もだるくてしんどい。

そんな日は朝から歩こうとも思えず、だらだら遅く起きて原付に乗ってしまいます。

また1時過ぎまでネットしたり、夜更かししていても同様です。

準備問いうのは、朝のごみ捨てや水筒作りなど。

対策⇒飲酒控え、夜に準備をする

3.天候

晴れの日は朝から気分がよく、徒歩も気持ちがいいです。

曇りや特に雨だと、やはり徒歩でいくハードルは上がってしまいます。

やはり雨の日の歩きはあまり楽しくないのが理由です。

そしてどうしても濡れたり傘を持ち歩いたりと面倒さが大きいですからね。

そんな時、僕は対策として音楽やラジオを聴いたり、雨具を充実させる事で、自分の楽しみを用意するという方法をとっています。

あとは雨の日だけ、コンビニスイーツを買ったり、自分のご褒美を作ることでもう少し習慣化できるのかなと。

対策⇒雨天は楽しくないの前提で、音楽・ラジオなど楽しみを自分で盛り込む。

  ⇒雨の日はコンビニで買い物したり、チートデイとして扱う。

 

あとは継続するのみ、、、。

毎年何度も実行しては、習慣化できずに終わっている、この『徒歩通勤』。

丁度いまこのようにブログに書いたのをきっかけとして、また復活させ、継続させていきたい。

なぜなら、、、僕は体重がいつの間にか73キロを超えたから!!!

健康診断で軽くひっかかっているから!!!

40代に差し掛かる今、自分を変えたいという思いも強いですしね。

いいチャンスだと捉えてがんばります。

DAYTONA(デイトナ) 『グラブバーキャリア』荷物を固定するのに最適なキャリアで、無骨なミリタリー風味がアップ。

キャリアを取り付けたらツーリングが更に楽しくなった

f:id:glorydaze:20190624151950j:plain

以前ですが、キャンプツーリング用にバイクの後ろのキャリアを購入しました。

DAYTONA(デイトナ)から発売されている、 『グラブバーキャリア』というモノです。

普通に街乗りだけで有れば、必要がない人も多いかも知れません。

ただキャンプ、ツーリングがしたいって人には非常にオススメです。

何度か大きな荷物を載せましたが、安定感が半端ないです。

ガッツリ荷物を積んで、高速道路を走行しても、安心してツーリングができました。

また、リュック等背負わずにキャリアに載せて走ることで、身体への負担・疲れが減って長距離もストレスなく運転することができますね。

 

DAYTONA(デイトナ) 『グラブバーキャリア』

<外観・内容品など>

f:id:glorydaze:20190624151638j:plain
▲ 内容物は以下の3点
①グラブバーキャリア②マニュアル③ネジ、ワッシャー類

f:id:glorydaze:20190624151723j:plain
▲ かなりネジの頭の形状が特徴的、カラーも非常に分厚い。

f:id:glorydaze:20190624151700j:plain
▲ どこに貼れば良いのか不明なシール、最大積載量は7kg。

f:id:glorydaze:20190624151733j:plain
▲ 取り付け方は簡単。
元々付いているボルトを外し、代わりに①キャリア②カラー③ボルトを取り付ける。

f:id:glorydaze:20190624151753j:plain
▲ 横から見た形状。
ヒモなどを括るためのフックが付いている。

f:id:glorydaze:20190624151804j:plain
▲ このようにカラーを2枚とボルトでキャリアを挟むように固定する。

f:id:glorydaze:20190624151813j:plain
▲ フックも4点配置されており、固定しやすい。

<仕様など>

対応車種:REBEL250/250ABS/500
最大積載重量:7kg
積載部寸法:縦334×横301(mm)
リバーシブルバックレスト、フラットキャリアが同時装着可能(リバーシブルバックレストはライダー用とタンデム用のどちらのポジションも取付可能)
材質:スチール製
塗装:マットブラック塗装仕上げ
荷掛けフック4か所付き
注意点:サドルバッグサポート装着にはサドルバッグサポート取付キット(97065)が必要

 

特徴・オススメな点

1.荷物の固定が楽で積載容量アップ

僕のバイクはリアが安定していて、そのままでもツーリングネットを使えば多少の荷物なら問題なく積み込めます。

しかしながら、キャンプや長距離、高速道路を想定した場合、やはり不安はあります。

なのでこの『グラブバーキャリア』を取り付けることで、安定した固定ができたり、積載容量が相当アップしたのは非常に助かりました。

2.無骨感・ミリタリー感が似合う

スポーツタイプのバイクじゃないので、こういったキャリアを取り付けることで、若干のミリタリー感、無骨感が出てきます。

個人的には大好きです。

3.キャンプ・ツーリング用に

このために購入したといっても過言ではないです。

キャンプの荷物を積むのは、ノーマルだと原付よりも全然ショボいんで。

一度取り付けてしまえば、今後様々な応用が利くし、荷物の量も積み方も選択範囲が増えたと思います。

 

注意・イマイチな点

1.取り付け(ネジ穴)が難しかった

キャリアの固定には4箇所のネジ留めが必要です。

慣れない作業で(慣れる頃には完了してるんですけどね)、1人でキャリアを浮かせながらボルトを固定したり、そういった難しさは多少ありました。

2.ネジ穴にボルトが入らない箇所があった

これは『グラブバーキャリア』が問題ではなく、僕のバイクの方のネジ穴に問題がありました。

以下で対策についても書いているので参考にしてください。

 

実際に取り付けてみた

f:id:glorydaze:20190624151844j:plain
▲ まず元々取り付いているボルトを取り外します。

f:id:glorydaze:20190624151905j:plain
▲ 安かったので購入した長めの六角レンチが役立った。

f:id:glorydaze:20190624151915j:plain
▲ 元々のボルトは本当に硬く締められていた。柄の短い六角レンチだやり辛かった。

f:id:glorydaze:20190624151925j:plain
▲ ボルトをはずした所。

f:id:glorydaze:20190624151934j:plain
▲ ここに、キャリアとカラー2枚を挟んだボルトを取り付ける。

f:id:glorydaze:20190624151950j:plain
▲ 一応完成。

 

実は1箇所トラブル発生してました。。。

f:id:glorydaze:20190624152012j:plain
▲ 実は一箇所、タップ穴(ボルトを入れる穴のこと)のタップが上手く開いておらずネジが途中までしか入らない箇所がありました。
原因としては、かなり硬く締め付けられていた元のボルトを外した際に穴を傷つけてしまったのかなと。
3点のボルト留めで良いかな?とも思いましたが、重い荷物を載せたり、高速道路を走ったりするのを考え、ちゃんと直して4点固定することにしました。

f:id:glorydaze:20190624152003j:plain
▲ その際使用した工具。
タップを開けるために必要なのは①タップ②タップホルダーの2点。
痛い出費でした。。。
ボルトはM8 ピッチ1.25でいけました。

f:id:glorydaze:20190624152033j:plain
▲ それと防錆・潤滑油の「KURE5−56」(僕のはDX版)。
コレは何かと便利なので、家庭で一本持っていて良いと思います。

f:id:glorydaze:20190624152042j:plain
▲ 穴に「5−56」を吹き付けて、タップを回す。
タップは無理に回さず、「半周回して半周戻す」を繰り返します。

f:id:glorydaze:20190624152051j:plain
▲ ちょっと回して、外したところ。
タップの溝に削れた金属カスが付着している。

f:id:glorydaze:20190624152102j:plain
▲ もうひと頑張りだ。

f:id:glorydaze:20190624152111j:plain
▲ ようやく貫通。
抜いてみると相当削れたゴミがでた。

f:id:glorydaze:20190624152120j:plain
▲ 試しに「5−56」を塗布した穴に、ボルトだけ入れてちゃんと閉まるか確認します。

f:id:glorydaze:20190624152215j:plain
▲ 上手くいきそうなので改めて『グラブバーキャリア』を取り付けて。

f:id:glorydaze:20190624152226j:plain
▲ 今度こそ取り付け完成。
4点で取り付けると安心感があるね。

<今回使用した工具・道具>

・六角レンチ(長いタイプ)
・タップ
・タップハンドル
KURE5-56

 

しばらく使用してみて思ったこと

この『グラブバーキャリア』があることで、荷物を運ぶということに関しては全く問題なくなりました。

ちょっとした荷物でも、コレとツーリングネットを使えば固定できてしまうし、本格的に荷物を運ぶ際はこの上にちゃんとしたツーリング用のバッグを固定すればかなりの積載量を稼ぐことができます。

後、こういったキャリアは『DAYTONA』以外からも出てますので、値段やデザインを考慮して選んでみてください。

ボルトが1箇所だけちゃんと入らなかった事に関しては、当初3箇所固定で良いかな?って最後まで悩みました(その時は工具もなかったし、面倒だったんで)。

ただその後でキャンプに行った際、高速道路で100キロ近い速度を出した時、バイクにかなりの振動があってですね。

やっぱりちゃんと4点で固定しておいて良かったなって心底思いました。

僕は自分でやりましたが、バイク屋さんに持っていけば対応してくれるところもあるし、自分でやるのが苦手な方はそういう方法を選んでください。

中途半端な固定で事故ってもホント意味ないですからね。 

よかったら参考にしてみてください。

snow peak(スノーピーク)『 チタンシングルマグ』キャンパーに絶賛されるチタン製のマグは機能&見た目が最強。

f:id:glorydaze:20190617144805j:plain

スノーピークの『 チタンシングルマグ』を購入しました。

サイズは最大の450mlのもの。

めっちゃ軽くてめっちゃかっこよくて、家でも使ってます。

デザインや素材感など、どれをとってもシンプルな外観なのに妙にカッコいい。

キャンパーがみんな大好きなのも分かる気がしました。

 

snow peak(スノーピーク)『 チタンシングルマグ』

<外観など>

f:id:glorydaze:20190617144825j:plain
▲ 僕のは450mlタイプで、手で持つとこんな感じ。
もち手がデカめなので、キャンプでは革手袋の上からも握ることができる。

f:id:glorydaze:20190617144816j:plain
▲ 持ち手を畳んだところ。
マグの外周にフィットして、クッカーの中などに収納できちゃう。

f:id:glorydaze:20190617144843j:plain
▲ 重さは約70g。
持つと分かりますが、本当に軽くて逆に違和感を感じるほど。

<仕様など>

材質:チタニウム
サイズ:φ86.2×91.5mm
容量:450ml
重量:70g フォールディングハンドル 

 

特徴・オススメな点

f:id:glorydaze:20190617144834j:plain

1.カッコいいし、とにかく軽くてもちやすい

コップは1つだけ持っていきたいので、朝のコーヒーから夜のお酒まで飲もうとすると、このサイズでこの軽さは非常に魅力です。

夜の焚き火に照らされたこのマグを眺めると、チタンのツヤ無しの表面や、シンプルな外観を見ているだけで、ホントカッコイイんです。

2.ハンドルを畳んでクッカーに収まる&サイズ違いで重ねられる

僕の購入したPRIMUSのミニクッカーにも収まってくれます。

glorydaze.hatenablog.com

3.直火OK

シングルマグは1層構造のため直火ができるというメリットがあります。

※その代わり2層構造に比べて保温が弱い(一般的な冷え方です)というデメリットもあります

4.熱伝導率が低い

チタンは熱伝導率が低いため、熱々の液体を入れても取っ手や飲み口が熱くなりにくいです。

※直火でやったら相当熱いので絶対に注意してください

逆に冷たい飲み物も飲み口が冷たくなりにくく、飲みやすいです。

5.オプションでフタがある

キャンプで使ってると、焚き火の灰や煙や虫なんかが気になります。

フタがあればそういったものをガードしてくれます。

6.家族連れ・団体なら3セットを重ねて持ち運ぶのもいい

僕は1つしか持ち運びませんが、この『 チタンシングルマグ』は容量が「220ml」「300ml」「450ml」と3種類存在し、重ねて持ち運べます。

コンパクトに収納できるのはとても魅力です。

 

イマイチ・注意点

1.ちょっと高価

チタン製だからか、2500円くらいしてちょっと高価です。

一度購入すればずっと使えると思いますし、家でも使えるモノなので、すぐに元は取れると思いますけどね。

2.ちょっとカブる

人気過ぎて、数人でキャンプをすると大抵1人以上は持ってます。

なので自分のモノだと分かるように印を付けておくほうがいいかもしれません。

3.汚れ(シミ)やすい

チタンの素材が原因なのか、洗っても水の洗いジミが残ったり、キャンプで一度使えば相当汚れます。

それはそれで味として楽しめますが、神経質な人には向かないかもしれませんね。

SOTO(ソト)『レギュレーターストーブST-310+3点セットVer.2』ストーブ買うなら先ずはコレが絶対オススメ(2/2)。

SOTOのレギュレータストーブはセット内容も充実

 f:id:glorydaze:20190617133014j:plain

キャンプ用にSOTO(ソト)の『レギュレーターストーブST-310+3点セットVer.2』を購入しました。

前回は「本体」ならびに「アシストスイッチ」について報告しました。

今回は続きで「ウィンドスクリーン(風防)」と「マルチケース」についてのレビューをしたいと思います。

 

SOTO(ソト)『ウィンドスクリーン ST-3101』

f:id:glorydaze:20190617132825j:plain
▲ ウィンドスクリーンは柔軟性があるステンレス板。

f:id:glorydaze:20190617132835j:plain
▲ 有り無しで風の影響が大分異なるようです。

f:id:glorydaze:20190617132909j:plain
▲ 中身は①マニュアル②ウィンドスクリーン×2枚

f:id:glorydaze:20190617132933j:plain
▲ このツメ部分が、、、

f:id:glorydaze:20190617132944j:plain
▲ ストーブ本体の足にがっちりはまり込みます。

f:id:glorydaze:20190617132953j:plain
▲ 湾曲した風防自身の応力で、ストーブの足から外れずにガッチリ固定されます。

f:id:glorydaze:20190617133005j:plain
▲ 見た目すごい立派になりました。

f:id:glorydaze:20190617133014j:plain
▲ 斜めからの絵がカッコいい。

f:id:glorydaze:20190617133023j:plain
▲ 外す際は風防を掴んでグニャっと曲げて足から外すだけ。

<仕様など>

型式:ST-3101
寸法:幅165×奥行15×高さ95mm
重量:23g×2枚
材質:ステンレス

 

SOTO(ソト)『マルチケース ST-3103』

f:id:glorydaze:20190617133033j:plain
▲ 収納ケースは硬いけれど柔らかさもあるプラっぽい素材でまあまあデカい。

f:id:glorydaze:20190617133044j:plain
▲ 底の中央が凹んだ形状で、ぐるっと一周チャックがついています。

f:id:glorydaze:20190617133053j:plain
▲ 中身は左に十字のバンド付き、右にメッシュポケット付きです。

f:id:glorydaze:20190617133104j:plain
▲ 十字のバンドはマジックテープになっており、固定しやすい。

f:id:glorydaze:20190617133114j:plain
▲ 底の窪みに合わせて、ストーブを入れることができます。
※完璧なフィットはしません。

f:id:glorydaze:20190617133124j:plain
▲ 右のメッシュポケットに風防を入れてもいい。

f:id:glorydaze:20190617133144j:plain
▲ 片側だけでストーブ一式が収納できました。

f:id:glorydaze:20190617133153j:plain
▲ 収納方法は上の写真を参考にしてみてもいいかも。

<仕様など>

型式:ST-3103(マルチケース)
寸法:幅210×奥行き145x高さ80mm
重量:約140g
表面素材:合成皮革
適合機種:レギュレーターストーブ ST-310、 レギュレーターストーブ専用ウインドスクリーン ST-3101

 

オススメな点

1.ウィンドスクリーンの絶妙なサイズ

取り付ける際、収納する際、どちらでもコンパクトなのに機能性十分な感じがします。

実際にめっちゃ強風の環境でのキャンプが未経験なので、風防ありなしでどの程度効果があるのか分からないです。

ただ嵩張らないレベルでしっかりしたモノなので、持ってて困ることはなさそうです。

2.あると便利なマルチケース

今回セット購入した本体(+アシストレバー)、ウィンドスクリーンが収納できるのは勿論、それ以外のモノも収納できる大き目サイズが気に入りました。

SOTOつながりで「ポケトーチ」を入れたり、コーヒーとかカラトリーなどコンロを使う際に一緒に使うものを入れています。

雨キャンプの際に感じたのは、結構泥や雨で汚れるのに、このケースのお陰で中身は無傷だったことです。

また汚れも濡れた布巾で拭けばすぐに綺麗になります。

結構いい働きをしてくれています。

f:id:glorydaze:20190619112236j:plain
▲ 雨と泥で汚れたけれど、中身は無傷でした。

 

イマイチ・注意点

1.ベテランキャンパーにケースは不要

僕のように初心者はケース付きは便利で嬉しいのですが、ベテランキャンパーなら既にケースは山ほど持ってるでしょうし、そこまで必要としないのかなとは思います。

 

実際に使ってみて感じたこと

今回のようにわざわざセットで購入する事は本当に必要か?という点をしばらく使ってみて考えてみました。

今現時点で僕が思うことは、「本体+アシストレバーがあれば十分」ってコトですね。

ただ僕はまだ、ウィンドスクリーンが必要なほど強風の中でキャンプの経験がまだないってのもありますけれど。

かさばるモノでも無いので、ウィンドスクリーンを持っていて困ることは無いですけれどね。

マルチケースに関しては、上述の3点があるなら、収納するケースがあってもいいんじゃないかな?という程度です。

ただウィンドスクリーンは万が一に備えて持っているだけで頼もしいし、マルチケースも硬すぎず柔らかすぎずで運ぶ際にも中身が壊れる心配がない。 

僕としては全部購入して良かったですが、慎重な方はチョットずつ揃えても良いんじゃないでしょうか。 

<関連記事>

glorydaze.hatenablog.com

 

SOTO(ソト)『レギュレーターストーブST-310+3点セットVer.2』ストーブ買うなら先ずはコレが絶対オススメ(1/2)。

ついにSOTOのレギュレータストーブを買っちゃった

f:id:glorydaze:20190617132324j:plain

 キャンプ用にSOTO(ソト)の『レギュレーターストーブST-310+3点セットVer.2』を購入しました。

価格はちょっと高めの9000円、でも非常にいい買い物をしたと思います。

僕のようにキャンプ用のストーブを持っていない人ならば、この『レギュレーターストーブST-310+3点セットVer.2』をオススメします。

その理由は以下の3点です。

①燃料に家庭用ガスボンベ(CB缶)が利用できる

・ボンベの準備(入手)が楽

・CB缶はOD缶に比べて安上がり

②着火アシスト用の補助具がついている

・着火が怖くない

・誰でも(女性・子供でも)使いやすい

・火傷の危険が減る

③悩まず、とりあえずコレで全部揃う

・何を買ったらいいのか分からない人向け

ちなみに、この SOTO(ソト)『レギュレーターストーブST-310+3点セットVer.2』には以下①~④の4点がセットでまとまっています。

①ST-310(ストーブ本体)
②ST-3101(風防)
③ST-3103(マルチケース)
④ST-3104(アシストレバー)
今回は①と④について説明します。

 

SOTO(ソト)『レギュレーターストーブST-310』

<外観など>

f:id:glorydaze:20190617132011j:plain
▲ 内容は①マニュアル②収納袋③本体、の3点。

f:id:glorydaze:20190617132024j:plain
▲ 畳むとめっちゃコンパクト、丸まった虫みたい。

f:id:glorydaze:20190617132034j:plain
▲ このバネを縮めて足を収納したり広げたりします。

f:id:glorydaze:20190617132044j:plain
▲ 上からみた場合。クモっぽい。

f:id:glorydaze:20190617132053j:plain
▲ 横から見た場合。クモっぽい。

f:id:glorydaze:20190617132107j:plain
▲ ここに家庭用のCB缶を取り付けます。

f:id:glorydaze:20190617132116j:plain
▲ このつまみを反時計回りにまわすとガスが出ます。

f:id:glorydaze:20190617132203j:plain
▲ この黒いポッチが着火スイッチ。
後々分かりますが、着火するには絶望的な位置なんですよ。

f:id:glorydaze:20190617132143j:plain
▲ガスボンベを挿して、、、

f:id:glorydaze:20190617132236j:plain
▲ ボンベ側を時計回りにひねってロックします。
見えにくいですが、ボンベと連結する部分(黒色)が上の写真だと9時なのに、回して12時方向に向けてロックしているんです。

f:id:glorydaze:20190617132153j:plain
▲ つまみを回してガスを出します。
だいたい、4周まわすと「シュー」っと音がして出てるのが分かります。

f:id:glorydaze:20190617132215j:plain
▲ 着火ボタンをON!

f:id:glorydaze:20190617132324j:plain
▲ ワオ!点いた!
とりあえず、ガスが出ている状態で手を入れてスイッチ押すのが非常に怖い。
僕が前に購入した、SOTO製の「ポケトーチ」のようなもので着火するのもいいかも。
※普通の火が上向きに出ちゃうライターは結構怖いんで、柄の長いチャッカマン的なモノがオススメです。 

glorydaze.hatenablog.com

f:id:glorydaze:20190617132335j:plain
▲ つまみをまわせば火の大きさが変わります。

f:id:glorydaze:20190617132346j:plain
▲ バーニング。

f:id:glorydaze:20190617132358j:plain
▲ 収納ケースつき。

f:id:glorydaze:20190617132407j:plain
▲ クッカーに入れて持ち運ぶなら、キズ・破損防止のためにも収納袋に入れましょう。

<仕様など>

型式:ST-310(ストーブ本体)
外形寸法:幅170X奥行150X高さ110mm (使用時・本体のみ)
     幅140X奥行70X高さ110mm(収納時)
重量:350g(本体のみ)
発熱量:2.9kW2,500kcal/h)(ST-760使用時)
使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時)
使用容器:SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
点火方式:圧電点火方式
材質:バーナー・器具栓つまみ:ステンレス
   ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
付属品:収納ポーチ

SOTO(ソト)『アシストレバーST-3104』

<外観など>

f:id:glorydaze:20190617132418j:plain
▲ スイッチ補助具です。

f:id:glorydaze:20190617132430j:plain
▲ 取り付け方は簡単ですが、プラスドライバーが必要です。

f:id:glorydaze:20190617132443j:plain
▲ これを付ければ、ペダルを押すだけで点火できます。
従来のスイッチよりは怖くなさそう。

f:id:glorydaze:20190617132523j:plain
▲ このアシストレバーが本当に役立つものだとは思いもよらず。

f:id:glorydaze:20190617132542j:plain
▲ ストーブを用意しまして、、、

f:id:glorydaze:20190617132600j:plain
▲ つまみを外して(軽く広げれば外すことは簡単)、、、

f:id:glorydaze:20190617132619j:plain
▲ 外しました!

f:id:glorydaze:20190617132627j:plain
▲ そこにコレをはめまして、、、
※ちゃんと奥まで押し込むこと

f:id:glorydaze:20190617132656j:plain
▲ ドライバーで締めこみます、、、

f:id:glorydaze:20190617132707j:plain
▲ できました!

f:id:glorydaze:20190617132717j:plain

▲ 横から見ると、レバーを押すとスイッチが押される様子が分かる。

f:id:glorydaze:20190617132727j:plain
▲ そしてガスつまみを取り付け戻します。

f:id:glorydaze:20190617132756j:plain
▲ 着火が怖くない!!

f:id:glorydaze:20190617132806j:plain
▲ 折りたたみ時も、付けたままでOKです。
一度付けたらずっと付けたままでOK、見た目も何だかパワーアップしました。

<仕様など>

型式:ST-3104(アシストレバー)
寸法:幅22×奥行40×高さ40mm
重量:6g
材質:ワイヤー:ステンレス
   本体:樹脂
   固定ネジ:スチール

 

オススメな点

1.家庭にあるCB缶(カセットボンベ缶)が使える

これに尽きると思います。

CB缶はコンビニ、スーパーどこでも置いてあり入手のし易さが抜群です。

キャンプ前日、仕事が遅くて準備不足でも購入できる安心感があります。

OD缶に比べて価格も安く、まとめて購入して家ではカセットコンロで使用したりなど、使い勝手がいいのも利点です。

ただし、OD缶(アウトドア缶)の方が火力が強かったり、利点も様々あります。

でも個人的には、キャンプ初心者ならCB缶が利用できるボンベの方がいいと思いますよ。

ちゃんと説明できる?ガス缶の「CB缶」と「OD缶」の違いについて【キャンプの教科書】|CAMP HACK[キャンプハック]

2.アシストレバーの便利さ

家で初めて使ったとき、着火ボタンを押してだと炎が怖かったですね。

ガス出しっぱなしなので、最初は「ボフッ」と結構大きな炎が立つんですよ。

あと注意点でも書きましたが、使用していると本体の足がかなり熱くなります。

シストレバーが無いと、スイッチを押す時に本体を持つ必要がでてきますので、素手だと火傷をしてしまいます。

そういう場合でも、アシストレバーがあれば便利に使うことができると感じています。

ただし人によっては、チャッカマン的なモノがあるし、必要ないって方には不要でしょうけども。

僕も過去記事にある、SOTO製の「ポケトーチ」があれば、『アシストレバー』は不要かなとも今は思います。

でも僕はセットで買っちゃったんで、ちゃんと活用していこうと思ってますけどね。

 

イマイチ・注意点

 1.足が加熱されて火傷注意

使用していると本体の足がかなり熱くなります。

以下のシチュエーションは火傷に注意してください

・キャンプなどで一度火を消して、すぐ使用するって場合

・使用中に本体を移動させようとする場合

付属品として、シリコン製の足ガードも発売されているようです。

ただ『アシストレバー』と一緒のセット販売のようなので、僕のように既に持っている人は、シリコンチューブを購入して足に取り付けてみるのがいいんじゃないでしょうか。

もしくは革手袋を使うのも手です。

 

セットだとどのくらいお徳か計算してみた

セットで購入するとどのくらいお得なのかを確認してみました。

価格は2019年6月のamazonでの販売価格を参考にしてます。

①セット価格:9020円(2019年6月amazonにて)

②本体:5610円

③アシストレバー:518円

④ウィンドスクリーンST:1400円

⑤マルチケース:2480円

②~⑤合計:10,008円

となり、およそ1割引きだと分かります。

初めてでどれを購入すればいいのか分からないとか、とりあえずセットで揃えたいとか、そういった方には非常にオススメです。

<関連記事>

glorydaze.hatenablog.com

 

コンビニで忘れ物をしたかもしれない時、電話で確認するなら諦めずに3度・4度は掛けようというお話。

f:id:glorydaze:20190616173702j:plain
[http://photo credit: Neil. Moralee Mr. Chain Blue Lightning via photopin (license):title]

酔いながら帰った時、コンビニに寄りました。

手に荷物を持ち、会計の時にそれを床に置いたまま、それをどうやら忘れてきたらしく。

途中で忘れたことに気づいたのですが、もう歩いて10分以上経っていたので、電話して取り置きしてもらおうと思いました。

ちなみにコンビニの電話番号は、googleで検索すれば「コンビニ名 ○○(駅名、地名)」ですぐ出てきます。

結果的には3度電話して見つかりました。

僕としては4度電話してダメなら諦めようかなと思っていました。

忘れ物がそこまで盗むようなモノでも無かったっていうのも、運が良かったのかも知れません。

こういう機会は無いかも知れませんが、良かったら参考にしてください。

 

1度目の電話~ガチでシカト

1度目は23時過ぎに電話しました。

そのコンビニには2人はレジにいて、そこまで忙しくなさそうなのは見て分かってました。

なのに3回掛けても全く出ない。

深夜バイトってこんな人ばっかだな(私の超偏見です)、、、と思ってしまいました。

 

2度目の電話~パートのおばちゃん

2度目は翌朝、10時過ぎくらいだったかと思います。

電話に出てくれれた元気なおばちゃんは

「コンビニ内でそういったモノは見かけないから無いです!」

と元気に答えてくれました。

ただ僕は、おばちゃんは自分が分からない事は職場の人に確認しなかったり、自分の都合で答えるタイプの人がいる事を知っていて(私の超偏見です)。

きっとコンビニのおばちゃんも自分では分からずに自分なりの回答をしたのかなと。

 

3度目の電話~学生のバイトのお姉さん

3度目は翌日の夕方に連絡しました。

この時間にバイトしている人が一番バイト慣れしていて、電話対応もちゃんと出来る人が多い気がしてました(私の超偏見です)。

なので今回無いならほぼ無いだろうなと、そう思いながら連絡しました。

でも遺失物として有ること、名前と電話番号を告げれば引き渡し出来るとのことでした。

最初からコンビニ内の遺失物の所にあった訳です。

でも電話に出てくれなかったり、おばちゃんの勝手な判断で無いと言われたりしたのです。

なんかそういった事にモヤモヤしましたが、見つかったので全部良かった事にしました。

 

4度目の電話~もう一度落とした位の時間に掛ける

4度目はなかったけれど、3度目でもないとなったら、最後に落とした時間頃にもう一度電話しようと思っていました。

コレで見つからなければ諦めも付くかなと。

でもそうならずに発見されてよかったです。

 

今回の事で学んだ点・ふと感じた事

f:id:glorydaze:20190616174019j:plain

普段なら性格的にも、電話先で「落し物がない」といわれたらそれで諦めていたと思います(今回の2度目の電話)。

なぜ僕が諦めなかったかというと、以下の2つの思いがありました。

1つ目は、落とし物が微妙で誰も要らないし、わざわざ盗む人はいないと思ったこと。

2つ目は、何度か掛けた後に見つかったらブログに書けるなって思ったこと。

そして何度か掛けても見つからなかったら、それをブログに書けばいいなって思ったんです。

自分の中にブログのネタになるかも知れないからもう一度電話しよう、って思いが無意識に生まれていたのに驚きました。

とはいえ、忘れ物がめっちゃイイものだったり、お財布だったりしたら、見つかる確率は半減するのかなとも思いました。

でも諦めずに何度か時間を変えて連絡してみるのも効果ありだと思います。